「半落ち」見た いい話だった

映画半落ちを見ました。今年の1月の映画なのに7月にDVD出てたのね。レンタルで見ました。

ものすごくいい話でした。悲しくて切なくて、泣けました。前半は警察だの検察だの大人の事情がいろいろ出てきてとっつきにくかったですが、話が核心に迫るにつれ、ものすごくひきこまれていきました。
アルツハイマーな奥さんを殺して自首した元刑事。でも出頭するまでの空白の2日間については自供しなくて、警察も検察も記者もその謎を明かそうとする。そしてたどりついた真実は、とんでもなく切なかった。てな感じのお話です。

映画のページから、骨髄バンクのページへのリンクがありました。まだちゃんと読んでないし、全然知識とかないんだけど、骨髄バンク登録しようかと思えてきました。献血とかと同じ感覚でいいのかな。ちがうのかな。ひとまず資料請求してみた。

人気blogランキング参加中! 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • momo

    待ってましたこの話題。予想を裏切らない濃い内容でよい映画でした。
    ジョゼと虎と・・・もなかなかGOOD。
    2004年09月23日 01:09
  • ぼくんち杉並区

    そうね、濃い内容でよい映画、まさにそんなかんじ。
    2004年09月23日 21:04

この記事へのトラックバック

骨髄と「歳末たすけあい運動」の胡散臭さ
Excerpt: すっかり年末気分ですよ。街ではクリスマスに向けてラストスパート的な雰囲気が漂ってるけど。
Weblog: とあるジャーノンに花束ヲ
Tracked: 2004-12-20 00:08