「誰も知らない」見ました 重いわこれ

映画誰も知らないを見ました。まえに土曜の夕方に見ようと思って満席でやめたんですが、月曜のレイトショーはすかすかでした。渋谷シネ・アミューズ

んーと、重い。重いです。ふだんぼくが目を向けない、むしろそむけちゃっているあたりの話。途中までは、淡々と流れる映像と静かさがきれいで心地よかったんですが、後半話が進んでいくと、どうにもやるせない気分になりました。この感じ、「火垂るの墓」以来です。
自分が知らない、共感できないところだけに、どうしていいかわからない。
すきかきらいかでいえばすきなんだけど、なんかそういうのじゃなくて、衝撃。

ゴンチチの音楽がとてもきれい。それから、最後のほうの、電車で空港から帰るシーンで流れる挿入歌が印象的。コンビニ店員役で出演もしているタテタカコが歌ってます。

人気blogランキング参加中! 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック