「カナリア」見ました せつない緊迫感

画像
仕事さぼって映画観賞。アミューズCQNカナリアを見ました。ずっと見ようと思っててようやく見た。大きすぎた期待ほどじゃなかったけど、おもしろかったです。

オウム真理教のその後という題材で、残された教団幹部の子供の生き様が描かれています。過酷な境遇の少年と少女のせつなさ、そして作品全体に流れる緊迫感にぐぐっとひきこまれた。女の子がいい味出してた。谷村美月。

設定や雰囲気は「誰も知らない」に似てるかな。でもあっちの方が断然重い。いいわるいじゃなくて。あと宗教団体が題材ということでは映画じゃないけど「ダレカガナカニイル…」というぼくのだいすきな小説を思い出しました。でもそれは悲しいラブストーリーだったな。

でこの作品なんですが、重いテーマでたしかに重いんだけど、もっと重いの想像してたんで、見たあとは比較的さわやか。突然白髪になっちゃったのが納得いかないものの、ラストのセリフがシンプルでよかった。ここでぼくならこう言う、と思ったセリフとばっちり同じだったし。どうやって終わるんだろうと心配してたんで、後味よく終わってくれてよかった。

あー、でもエンディングテーマはいまいちかも。元ナンバーガールでいまZAZEN BOYSの向井秀徳がド直球な言葉をラップでたたみかける。んー、曲調としてはこの激しさでいいと思うけど、歌詞が若干チープ。劇中の音楽はかっこよかったのに。

◆カナリア@映画生活


【ぼくがすきなものやおもしろいと思ったことをみんなに紹介したくて書いてます。】
音楽 映画 サッカー 食事 お菓子 携帯電話 箱根 花見 飲み物

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「真夜中の弥次さん喜多さん」見た あほでした

    Excerpt: 映画「真夜中の弥次さん喜多さん」を見ました。しりあがり寿のマンガが原作で、宮藤官九郎が初監督だそうです。 池袋シネマサンシャイン。池袋で映画見たの初めて。今週から全席指定になったらしく、インターネッ.. Weblog: ぼくんち杉並区@WebryBlog racked: 2005-04-25 00:17
  • 歌えない「カナリア」は、誰が作った?

    Excerpt: 「カナリア」★★★☆ 塩田明彦監督、石田法嗣、谷村美月、西島秀俊出演 オウム教団を思わせる カルト教団で育った主人公。 他の人が現実を受け入れ 適応し始めても、頑なに拒む主人公。 .. Weblog: soramove racked: 2005-05-03 16:41
  • 映画「魍魎の匣」をようやく見た

    Excerpt: 1日3本映画鑑賞の2本目は、銀座の丸の内TOEI2で「魍魎の匣」。京極夏彦の長編小説の映画化。見逃しかけたけどセーフ。ちなみに原作は読んでない。 Weblog: 【ぼくんち杉並区】 racked: 2008-01-27 02:33