「ユージュアル・サスペクツ」見た こりゃすげえや

つれがDVDを買ってきたので映画「ユージュアル・サスペクツ」を見ました。1995年の作品。なんだよこれ、すごいよ。超名作。

結論っぽいシーンを最初に出しといて回想。ドキドキ緊迫サスペンス、そして衝撃の事実が明かされて、えー、そうだったの、ってあれ、それも違くてそっちかよ!え、え、ええええ!?
んー、よくできてる。もっかい見よ。

B0002U8NQGユージュアル・サスペクツ
クリストファー・マッカリー ブライアン・シンガー スティーヴン・ボールドウィン
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン 2006-09-08

by G-Tools

ユージュアル・サスペクツ@映画生活
トラックバック・ピープル「お勧め映画」
にほんブログ村「映画ビデオ、映画DVD」


【ぼくがすきなものやおもしろいと思ったことをみんなに紹介したくて書いてます。】
例えばこんなテーマ→ 映画 音楽 サッカー 飲み物 食事 世界バスケ

この記事へのコメント

映画ファン
2006年09月21日 12:36
この映画のケビン・スペイシー 最高!
みず
2006年09月21日 20:23
友人に紹介されて私もみました。
しかーし、登場人物が多すぎて私には理解できなかったです。外人の顔は識別がむずいです。
2006年09月22日 02:01
そう、サイコー。最後の足元のシーンとかね。
チームになってしまった5人のうち3人は、区別つかなくてもよかった気はします。

この記事へのトラックバック