映画「APPLESEED」見た かっこいいCGと音楽がもったいない

たまにはアニメ映画でも見ようと思って、なんとなく「APPLESEED」を借りてきた。
独特のタッチのCGはモーションキャプチャを取り入れてなにやらハイテク。あと音楽もかっこいい。DVD特典で何曲かミュージッククリップが入ってたんだけど、なんのことはない、本編でその曲が使われていたシーンを切り取っただけ。セリフもそのまま残ってる。でも、たしかにそれで十分ミュージッククリップとして成立するCGと音楽のかっこよさ。

そんなCGや音楽ともうまくマッチする世界観はきらいじゃなくて、バイオロイドだ人だ新人類だという総論はわかったけど、ガイアとか多脚砲台とか各論のつながりが腑に落ちない感じ。最後の一文字も、なんでヒトミがそんなに重要な役割なのかもわからん。

という程度の理解しかできなかったので、かっこいいCGとかっこいい音楽使って哲学的な神話的なSFつくってみました的なものしか感じられなかった。
ぼくは二重螺旋が異様にすきなのであのビジュアルが出てくるだけで無条件にテンションあがるんだけど、ほんの一瞬だったのであまり大きくは心躍らず。

CGと音楽がかっこいいだけに、もったいないね。

APPLESEEDAPPLESEED
小林愛 小杉十郎太 松岡由貴

by G-Tools
Movie Masterpiece アップルシード サーガ / エクスマキナ デュナン・ナッツ (1/6スケールモデル)Movie Masterpiece アップルシード サーガ / エクスマキナ デュナン・ナッツ (1/6スケールモデル)

by G-Tools

APPLESEED@映画生活
トラックバック・ピープル「映画」
にほんブログ村「アニメーション映画」


【ぼくがすきなものやおもしろいと思ったことを紹介したくて書いてます。】
例えばこんなテーマ→ 映画 サッカー 食事 sakusaku 飲み物 競馬 音楽

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック