「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」は衝撃のド悲劇

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師仕事帰りにレイトショー。品川プリンスシネマスウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師を見てきたよ。映画館に着いてから気がついたけど、2月1日映画サービスデー1000円。おお、レイトショー価格よりさらに安いじゃん。
プレミアムシアターなのも気にせず意気揚々とカウンターに向かうと、「2500円でーす。」「えっ。」 なんと、プレミアムシアターは映画サービスデーでも通常価格。へたこいたー。

一般館でもこの映画やってたけど、そっちはすでに上映開始から10分経過。しかたない、ぜいたくするか。仕事帰りで腰も痛いから、ゆったりソファでのんびりしちゃえ。
ぼくいちばん乗りで、まさか1人、と思ったけどカップルが3組ほどやってきた。

そんなこんなで上映開始。ティム・バートンの映画はいつも最初の画が印象的なんだけど、これもそう。グレイッシュというかモノトーンというかいつものティム・バートン色彩に、赤い雨。これでもう胸キュン。
そして、ジョニー・デップヘレナ・ボナム・カーターの最初のハーモニーでがっちりわしづかみにされて、ミュージカル仕立ての演出とともに、ファンタジーでホラーでサスペンスな世界観に117分どっぷり。

途中、殺戮しすぎで血の多さに顔をしかめつつも、テンポのいい展開にぐいぐい引き込まれて、息を飲む怒濤のクライマックス。エンドロールで、ぷはーっ。
うー、衝撃のド悲劇。悲しすぎる。

テレビCMではジョニー・デップくりぃむしちゅー有田に見えたんだけど、映画本編では、まあそうだな、10回中1.5回くらいはそう見えたかな。でもそんなのふっとぶ悲しさだったわ。ううううう。


スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師@映画生活
トラックバック・ピープル「映画館で観たよ」
にほんブログ村「ミュージカル映画」


【ぼくがすきなものやおもしろいと思ったことを紹介したくて書いてます。】
例えばこんなテーマ→ 映画 食事 音楽 お菓子 サッカー 携帯電話 渋谷



↓同じテーマで他にも書いてます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

    Excerpt: そのキャラクターにピッタリな配役を、「ハマリ役」というが、この場合、「ハマリ監督」というべきだろう。 実在の猟奇殺人をミュージカルにしたものが原作の、ブラックユーモアあふれる、楽しい作品。 作品自.. Weblog: k.onoderaの日記 racked: 2008-02-09 03:02
  • 「ティム・バートンの世界」混んでて疲れたけど堪能

    Excerpt: 森アーツセンターギャラリーで「ティム・バートンの世界」展を見てきたよ。六本木ヒルズ森タワーの52階。正月の都会はまあまあ人が少なかったんだけど、ここは別。とっても盛況だった。 Weblog: 【ぼくんち杉並区】 racked: 2015-01-04 20:14