「幸福のスイッチ」 普通にのんびり

最近気になる女優のひとり、上野樹里の出てる映画をチェックしようと、幸福のスイッチを見てみました。2006年の作品。
穏やかで、とても普通な感じで、日曜の夜にのんびり見るにはちょうどいい。

上野樹里演じる稲田怜は和歌山の田舎電器屋を飛び出してイラストレーターとして頑張りかけて挫折中。父親のケガをきっかけに実家に戻って手伝うことになるんだけど、利益よりもお客さんのためを優先する父親の方針に納得がいかず、ふてくされてばかり。でもお客さんとのふれあいで徐々にほだされていきます。

前半やや退屈だったものの、ふれあってほだされかけてきたあたりからほんわかいい雰囲気になってきた。前髪ぱっつりの上野樹里が、ふてくされから笑顔になってきたしね。
そうは言っても地味で平凡で淡々とした流れには違いないんだけど、変にお涙ちょうだいにならなくてまあよかった。

3姉妹と父親のやさしい雰囲気で、家族がうらやましくなっちゃった。お姉ちゃんに本上まなみ、妹に中村静香ってだれだそれ。そして父親は沢田研二。あっ、ジュリー樹里だっ!
そういえば麻生久美子見たくて見た「eiko」のときも沢田研二だったな。

B000MEXAN8幸福のスイッチ
上野樹里 本上まなみ 沢田研二
東北新社 2007-04-04

by G-Tools
幸福のスイッチ幸福のスイッチ
べべチオ 早瀬直久

by G-Tools
幸福のスイッチ・高校編 (ピュアフル文庫)幸福のスイッチ・高校編 (ピュアフル文庫)
石崎 洋司

by G-Tools

幸福のスイッチ@映画生活
トラックバック・ピープル「映画」
にほんブログ村「レンタルDVD三昧」


【ぼくがすきなものやおもしろいと思ったことを紹介したくて書いてます。】
例えばこんなテーマ→ 映画 サッカー 音楽 食事 お菓子 電車 携帯電話



↓同じテーマで他にも書いてます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック