「歓びを歌にのせて」あとからじわーっとしみてくる

歓びを歌にのせてのDVDを友達に借りて見たよ。スウェーデンの映画だって。

超一流の指揮者が多忙で倒れて故郷の村に戻るの。そこで教会の聖歌隊の指導をすることになるの。みんな普通のおっちゃんおばちゃんおねえちゃんたちなんだけど、それぞれいろいろ悩みがあって、でも音楽を通して少しずつ変わっていくの。

あんまり多くを語らない感じで、優しく暖かく、なんかあとからじわーっとしみてくる。きれいな景色やら、雰囲気がなかなかいい。
歌がとってもステキだったのでもっと歌ってほしかったなぁ。最後のシーンも、ずしーんと歌ってくれるものと思ってたのに意外な展開。なんであんなんなっちゃったのか理由はよくわからんけど、話としてはあれはあれでありか。

主演のおっさん、ミカエル・ニュクビストの風貌がけっこう気に入った。

歓びを歌にのせて歓びを歌にのせて
ケイ・ポラック

by G-Tools
「歓びを歌にのせて」オリジナル・サウンド・トラック「歓びを歌にのせて」オリジナル・サウンド・トラック
サントラ

by G-Tools

歓びを歌にのせて@映画生活
トラックバック・ピープル「映画」
にほんブログ村「映画DVD、映画ビデオ」


【ぼくがすきなものやおもしろいと思ったことを紹介したくて書いてます。】
例えば: →映画 →舞台 →お菓子 →飲み物 →サッカー →電車 →マンガ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック