オリンピック男子バスケットボール アメリカ×中国

北京オリンピック、寝ようと思ったらバスケットボールがはじまってうっかり観戦。だって、アメリカ×中国なんだもん。現地時間22時15分ってずいぶん遅い時間にやるんだなぁ。1日6試合って。


ビッグマンを並べるのではなくスピードとテクニック、さらには組織力で戦う選手選択をしたアメリカと、NBAでプレーするヤオ・ミンイー・ジェンリェンはじめ高さに勝る中国という図式。

初戦で固めのアメリカに対して、中国が理想的な立ち上がり。高さを生かすと思いきや、積極的に外からシュート。これが気持ちよく入って序盤はまさかの中国リード。アメリカはさすがのスピード感でリズムをつかみかけるもゾーンディフェンスに手を焼き、外からのシュートもことごとく入らない。

2Qの中盤までは一進一退でかなりの見応え。しかし、アメリカの常にオールコートでプレッシャーをかける激しいディフェンスと、そこからの速攻という形が徐々に迫力を増してじわっと点差が開く。ひとたびスイッチが入ったときの連続速攻にはしびれまくり。スティールもじゃんじゃん増えてきて、いつのまにかショータイム。終わってみれば100点ゲーム、31点差。

2Qに飛び出したスーパープレー、レブロン・ジェームズのブロックショットならぬキャッチショットはすごかった。しかもそのまま走ってたドウェイン・ウェードに1パスでダンクをアシスト。こういうのだよなぁ。すごい。もっとじゃんじゃん見たい。コービー・ブライアントレブロン・ジェームズが同じチームなんて、オールスターでもありえないからね。

日本でやった世界選手権でまさかの準決勝敗退、ぼくはアメリカの試合を1回も見られなかったんだよな。このオリンピックでは今日みたいにテレビでちょいちょいやってくれるかな。

ペッツルート ペンギンオリンピックバスケットボールペッツルート ペンギンオリンピックバスケットボール

by G-Tools
北京オリンピック放送をぜんぶみる ! 2008年 9/1号 [雑誌]北京オリンピック放送をぜんぶみる ! 2008年 9/1号 [雑誌]

by G-Tools

トラックバック・ピープル「バスケの輪」
にほんブログ村「バスケ(バスケットボール、NBA)」


【ぼくがすきなものやおもしろいと思ったことを紹介したくて書いてます。】
例えば: →映画 →音楽 →舞台 →ライブ →サッカー →麻生久美子 →

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック