「スタジオジブリ・レイアウト展」がおもしろかった

スタジオジブリ・レイアウト展東京都現代美術館スタジオジブリ・レイアウト展を見てきたよ。
レイアウトっていうのは、アニメーションの製作行程で絵コンテのあとに作られる、作画のもとになるもので、各カットの画面設計図。これをもとに、アニメーターがキャラクターの動きを描いて、美術さんが背景を描くんだって。

背景の上にキャラクターの動きが指示されていたり、パンとかトラックアップとかのカメラワーク的な指示があったり、ときには「ボーッと光って」なんてメモもあったりして、非常に興味深い。
絵としてもけっこう精巧に描かれていて、これだけでもかなり楽しめる。見たことあるシーンだと思い出せてうれしい。植物の表現やメカの表現がすばらしい。

スタジオジブリ・レイアウト展だいたいがA4サイズくらいの用紙で。長いカットだと何枚もつなげて描かれているのもあった。レイアウトと出来上がったアニメーションを対比した展示もあっておもしろい。

展示数がすごくて、約1300点。1枚ずつじっくり見てたいけどそうも言ってられないので、、ちょいちょいとばして。最初にぼくのすきな「風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」だったのでそいつはじっくり、「海がきこえる」とか「ホーホケキョ となりの山田くん」とかはチラ見で。

「魔女の宅急便」もけっこうすきなんだけど、レイアウトが1枚しか残ってないんだって。残念だけどそれはそれで貴重な1枚。キキが草の上に寝転がってラジオ聴いてるシーンね。対照的に圧倒的に数が多いのが「千と千尋の神隠し」。他のは1枚ずつ額に入ってたのに、ここだけ壁一面にものすごい高さまでびっしり。じっくり見るというよりその壮観さを楽しむ感じ。ちょうどいい高さに展示してあるのはじっくり見たけどね。
あと「もののけ姫」も枚数多かったな。そして「崖の上のポニョ」がやっぱり人気あったんだけど、枚数はそんなに多くなかった。ただ、海の表現って他の作品であんまりないなとちょっと新鮮。

レイアウトってやり方を確立したのは1974年の「アルプスの少女ハイジ」なんだって。その「アルプスの少女ハイジ」「母をたずねて三千里」などのテレビ作品も展示。「ルパン三世」もあったな。

スタジオジブリ・レイアウト展で、最後に数枚、高さ3~4mにどでかく引き延ばしたレイアウトを撮影可能で。「天空の城ラピュタ」のロボット兵が横たわってるところいいなぁ。「もののけ姫」の森も、「千と千尋の神隠し」の湯屋もかなりいい。

願わくば、「ハウルの動く城」の城も大きくしてほしかったかな。あ、あと「風の谷のナウシカ」の巨神兵がどろどろ溶けているところとか。まあ言い出したらきりがない。
スタジオジブリ・レイアウト展
スタジオジブリ・レイアウト展
スタジオジブリ・レイアウト展
スタジオジブリ・レイアウト展

スタジオジブリ・レイアウト展「千と千尋の神隠し」の湯屋のレイアウトをちょっと拡大。こうやって、赤字でカメラワークが指示されていて、あとメモ書きも。「湯バーバの居住区照明明るい」「従業員のとこくらい」と読める。

あとね、展示室の壁んとこにこんなかわいいちびトトロがいたりするの。

スタジオジブリ・レイアウト展

スタジオジブリ・レイアウト展ショップでレイアウトの絵葉書を何枚か買おうと思ったんだけど、レジがもうれつに並んでたのでパス。でもチラシの裏が「もののけ姫」の森のレイアウトだったので、そいつを壁に貼って満足。

ショップに並ばなかった分、常設展を30分くらいさらーっと見て閉館の時間。絵画や写真やオブジェの現代アートを穏やかに鑑賞。うん、イイネ。
スタジオジブリ・レイアウト展
スタジオジブリ・レイアウト展

日時指定の前売券でってことだったけど、ローソンチケットのホームページではどの時間帯でも直前でも余裕あり。なんなら会場の真ん前のローソンでも買えるってことで、手ぶらで出撃、案の定Loppiで30分後のチケットを買えてばっちり。

よし、じゃあ見たやつも見てないやつも、ジブリ作品ちょいちょい見るか。


トラックバック・ピープル「スタジオジブリ」 ◆にほんブログ村「スタジオジブリ」

【ぼくがすきなものやおもしろいと思ったことを紹介したくて書いてます。】
例えば: →映画 →サッカー →お土産 →鎌倉 →江ノ島 →散歩 →カレー

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • すめなな

    ぼく杉†さんのブログでレイアウト展にわりと満足してしまいました(笑)私も一番好きなのは「風の谷のナウシカ」なので、観にいっていたら、“巨人兵どろどろ”は、展示して欲しかったと思いますねぇ。素敵なお時間、過ごされましたね~。
    2008年09月24日 20:21
  • ぼくんち杉並区†

    うん、よかったよぉ。じっくり見ようと思えば飽きずにいくらでも見ていられる感じだった。
    2008年09月25日 01:29
  • 竜眼寺文蔵

    いいですね~行けて♪
    ボクもジブリ大好きなので
    行きたかったなぁ・・・。

    今、自分の部屋を「小ジブリ美術館」
    にしようとしています(笑)

    よかったら、ブログに見に来てくださいね♪
    2010年05月04日 21:41
  • ぼくんち杉並区†

    いーでしょー。またこういう企画やってほしいな。
    2010年05月07日 01:37

この記事へのトラックバック

深川資料館通り商店街にジブリなかかし
Excerpt: 東京都現代美術館に「スタジオジブリ・レイアウト展」に行く道すがら、清澄白河駅付近の深川資料館通り商店街にかかし達。ええっ? なんでも、9月15日まで「第11回かかしコンクール」が開かれていたらしく、..
Weblog: 【ぼくんち杉並区】
Tracked: 2008-09-25 01:06

スタジオジブリのレイアウトを待ち受け画面にしてみた
Excerpt: このまえ見てきた「スタジオジブリ・レイアウト展」で、数枚だけ、大きく引き伸ばしてあって写真撮影OKだったのを、そのまま携帯電話の待ち受け画面にしてみた。おおお、すげーかっこいい。
Weblog: 【ぼくんち杉並区】
Tracked: 2008-10-04 13:05

スタジオジブリ・レイアウト展
Excerpt:  夏休みの間に色色見に行きたいと、まずルーブル美術館展に行きました。中之島の国立美術館では、子どもを題材にした作品が選ばれており、オリエントの遺跡や、絵画よりも工芸品が...
Weblog: デッサン ~私の鉛筆~
Tracked: 2009-08-20 01:54

「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」が期待以上に楽しかった
Excerpt: 前から気になっていた「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」に行ってきたよ。スタジオジブリや三鷹の森ジブリ美術館が協力して、「巨神兵東京に現る」という短編映画をアニメじゃなくて特撮..
Weblog: 【ぼくんち杉並区】
Tracked: 2012-09-20 23:47

「機動戦士ガンダム展」が秀逸だった
Excerpt: 「機動戦士ガンダム展」に行ってきた。六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリー。 オーディオガイドの声が、アムロとシャアとミライさんの3択。おもしろいから借りてみた。やっぱシャアだよね。
Weblog: 【ぼくんち杉並区】
Tracked: 2015-09-20 00:52