岡本太郎の壁画「明日の神話」が渋谷にお目見え

岡本太郎が制作した壁画明日の神話が渋谷にお目見え。ぼくがいつも通勤で通っている、井の頭線から山手線に向かう途中、マークシティのところね。
1カ月以上設置工事してて、少し前から白い布の下にかすかに見えつつ11月17日公開と告知されていたのでわくわく待ってた。

でも朝の出勤のときはまだ布をかぶったまま。夕方に除幕されたらしく、帰りにはどーんとそびえてた。すごい。でかい。そして躍動感というか迫力というか。かっこいい。
明日の神話
明日の神話

いろんな角度で写真撮りながらぼーっと鑑賞していたら、見知らぬおじさんが、「すごいよねー、これ。」なんつって話しかけてきた。若干当惑したものの、「そうですねー。」と同意。「原爆のところを描いたんだってね。」「へー、そうなんですかぁ。」
会話、以上。おじさんいつのまにかいなくなってた。

明日の神話
明日の神話 /></div>
いやー、すごいわぁ。30年以上前にメキシコのホテルのロビー用に制作されて、でも経営者の経済状況が悪化してホテルとともに日の目を見ず、そのまま放置。2003年に発見されて日本に凱旋、汐留→東京都現代美術館と公開されて、渋谷が”恒久設置先”だって。

誘致競争になったそうで、太陽の塔がある吹田や、広島や長崎を抑えてどうして渋谷になったのかはよくわかんないけど、これでぼくは毎日見られる。毎日目を奪われてしまったらどうしよう。それもまたいいか。でもすぐに慣れちゃうのかもね。

<hr><font size=トラックバック・ピープル「岡本太郎People」 ◆にほんブログ村「岡本太郎」

【ぼくがすきなものやおもしろいと思ったことを紹介したくて書いてます。】
例えば: →音楽 →ラーメン →映画 →FC東京 →お土産 →舞台 →写真

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 サッカーブログへ

この記事へのコメント

うちだま
2008年11月18日 12:39
毎日30万人の人に観てもらえることが渋谷に決まった決定的な理由だってさー。私たち、毎日観れるんだね~。
2008年11月19日 00:27
ほー、人数ですか。そーですか。ぼくは2日目も帰りにこれの前で足を止めてしまいましたとさ。

この記事へのトラックバック