東京都写真美術館で「APAアワード2009」と「夜明けまえ」

東京都写真美術館東京都写真美術館にぶらりと行ってきた。APAアワード2009がお目当てで、ついでになんとなく、日本に写真が伝わった頃の写真や資料を展示した夜明けまえも見学。入場料は500円×2のところ、2つで900円。ゆったりのんびり穏やかな時間。

第37回社団法人日本広告写真家協会公募展 APAアワード2009
広告作品部門と、テーマが「活」と設定された写真作品部門の入選作品をどどーんと。けっこうな点数あったな。
どちらの部門もそれぞれなかなか刺激的。ステキな作品が多かった。どちらかというと写真作品部門のほうがじっくり趣深いものがあったけど、広告写真部門もなかなか侮れず。ていうか広告写真部門が主なのか。

写真作品部門で文部科学大臣賞の名畑文巨「バトル・オブ・ザ・ナツヤスミ」はさすがの躍動感。金魚すくいをする子供を水槽の底からの目線で捉える構図がすごい。あと奨励賞の進藤祐光佐藤俊一「300秒の活動写真」というのも気に入った。公園でひとりのちびっ子が遊んでいるところを連続写真で表現した作品。

夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史 II.中部・近畿・中国地方編
幕末に開国とともに日本に写真が入ってきてから明治中期までの日本写真黎明期の作品たち。作品というか、貴重な資料だね。日本各地に点在しているものを集めたんだって。2007年に関東編をやって、続編らしい。

ほんとに初期の頃はガラス板を使ったアンブロタイプという方式での肖像写真がほとんど。このへんはなぜだかむしろ絵画のようにすら見えちゃうな。
その後風景写真がちょいちょい出てきて、手彩色な手法もはじまって広がりが出てきた。内田九一の写真と三代目歌川広重の絵とをならべた展示がおもしろい。長崎港。おー、いっしょだいっしょだ。あと記録写真としての1891年濃尾地震の光景も貴重。

300点近くの展示があったんだけど、”製作者不詳”が多いのが残念。当時は別に芸術表現ではなかっただろうしな。

東京都写真美術館 東京都写真美術館

トラックバック・ピープル「美術館に行こう!」 ◆にほんブログ村「写真展」

【ぼくがすきなものやおもしろいと思ったことを紹介したくて書いてます。】
例えば: →映画 →音楽 →マクドナルド →舞台 →ドライブ →水族館 →

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

恵比寿ガーデンプレイスをぶらぶら
Excerpt: 東京都写真美術館でゆったり穏やかな時間を過ごした後、恵比寿ガーデンプレイスをぶらぶら。写真展に触発されたってわけじゃないけど、なんかここって写真撮りたくなっちゃうんだよね。そういえば去年の夏にも写真撮..
Weblog: 【ぼくんち杉並区】
Tracked: 2009-03-10 22:35

最近の記事

過去ログ