日帰り日光ドライブ4 日光東照宮→二荒山神社を拝む

日帰り日光ドライブ日光東照宮の続きからどうぞ。ここ広いなー。N・I・K・K・O!日光!

陽明門をくぐった脇の回廊のところに、有名な眠り猫の彫刻があるというので見とかなきゃ。ほう、こいつか、思ったよりちっちゃいな。そして人が多くてじっくり見てられないぞ。しかしなかなか鮮やかな配色できれい。
日光東照宮
日光東照宮

日光東照宮日光東照宮そのまま人の流れに従って進んだら、おや、石段を上って、こいつは奥社に続く道か。ええい、行っちゃえ。息を切らしながら結構上ってたどり着いたそこには、徳川家康のお墓があった。そうだったのか、ごめん、知らずに来ちゃった。
でも、横にあった叶杉のほうが気に入ったな。かなりの大木なのに途中ですぱっとなくなってて、真ん中えぐられたようになっててそこが祠だと。なかなか稀有なたたずまい。そして願いを叶えてくれると。
日光東照宮

きっちりお願いして石段下りて、もっかい眠り猫を拝んだ後は拝殿へ。中に入れるのね。一部改修中なところがあったものの、天井や壁などに彫刻や絵がいろいろ見られた。なんだかありがたいお話を聞けそうだったけど時間なさげだったのでパス。

外に出て隣の本地堂に入ってみると、その天井には鳴龍と呼ばれる大きな龍が。拍子木をカツーンと打つと、反響して龍の鳴き声がくるるるるるる。かなりはっきり聞こえてびっくりした。ちょっと感激。しかも龍の顔の下で拍子木を打ったときだけ聞こえるの。すごいね。計算なのか、偶然なのか、ほんとに龍がいらっしゃるのか。

と、このあたりで午後3時半。11月~3月は日光山内の見学時間が4時までなので、もう新しいところには入れないと。ちぇ。あと10日遅かったら1時間長くなるのにね。きらびやかな蔵の中にきらびやかな神輿を発見しつつ日光東照宮を後に。
日光東照宮

でも待てよ、まだ明るいんだから行けるだけ行ってみようと、さらに奥の二荒山神社へ突撃。でも読めない、と思ったらふりがながあった。”ふたらさんじんじゃ”だって。”にあらやま”じゃないのね。
二荒山神社
お、4時が近づいてても行けるじゃん。あー、でも中のほうにはもう入れない。ぎり拝殿までで、パンパンお参り。巫女さんがもう片付けの準備してる。
二荒山神社
あたりをぶらぶらと、夫婦円満な杉とか謎のケロちゃんとか見ているうちに、どーんどーんと太鼓の音とともに、拝殿の扉が閉められた。終了~。
二荒山神社
二荒山神社
ていうかなんなのケロちゃん。普通に祀られてるっぽいんだけど、薬局とかにいるあいつだよね?ちがうのかな?こいつも世界遺産の一部なのか?そんな悪ふざけしてもいいのか? 二荒山神社、あなどれず。いや、悪ふざけではないんだろうけど。

最後にシュールな出会いもありつつ、約2時間かけあしの日光山内見学終了。こりゃあ1日かけてもいいくらいだな。広さもそうだし、じっくり見るという意味でも。ちょっと甘く見てたかなー。でも、密度濃く満喫。金ぴかだったり鮮やかに赤かったり、派手さが印象に残った。
日光東照宮


【日帰り日光ドライブ・目次】
  1 華厳の滝をぼけーっと眺める
  2 そばを食べて中禅寺湖を散歩する
  3 日光山輪王寺→日光東照宮を拝む
4 日光東照宮→二荒山神社を拝む
  5 ゆばを食べて温泉に入る

トラックバック・ピープル「世界遺産」 ◆にほんブログ村「神社、仏閣」

【ぼくがすきなものやおもしろいと思ったことを紹介したくて書いてます。】
例えば: →映画 →音楽 →舞台 →お菓子 →散歩 →サッカー →神社仏閣

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 サッカーブログへ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック