「国宝 阿修羅展」 崇高に、凛

阿修羅展国宝 阿修羅展見てきたよ。興福寺創建1300年記念だって。阿修羅さんもその1人な八部衆って仏像がどーんと揃ってて、でも8人揃ってるのは4月19日までってことで、その間に。東京国立博物館

興福寺ができたときに地鎮のために埋められたとされる装飾品、鎮壇具たちにはじまって、十大弟子のうちの6人の仏像、そして八部衆全員の仏像。
八部衆それぞれかっこいいけど、やっぱ阿修羅さんがいちばんかっこいい。他の7人は1列ずらりなのに対して、阿修羅さんだけ真ん中にどーんと置いて回りながら見るっていうディスプレイのしかたもあるかもしれないけど。

阿修羅さんは3つの顔と6本の腕。崇高に、凛。空中にびしっと伸びた腕が、細身の体の周りに力強さを漂わせて、実に美しい。ピリッとした存在感はとてもありがたい感じで、ぼけーっとずーっと見ていられる。

八部衆十大弟子は、脱活乾漆造といって、麻布を何層にも漆で塗り固める技法なんだって。なんとなく、木造のものより表面がなめらかな印象。

阿修羅さんって、ぼくの世代的にはキン肉マンに出てくる悪魔超人アシュラマンでおなじみなんだけど、それよりもぼくはタカアシガニを思い出してしまった。ぼくタカアシガニだいすきなんだよね。威厳というか、徳高い感じが通じるものがある。
でも、鳥の顔した迦楼羅さんが米ックス改めカリフォルニア米で、五部浄さんがかぶってるのが象さんさんで、鎌倉時代の薬上菩薩さん薬王菩薩さんの頭がボルケーノだ、なんつってsakusakuに例えてたら急に徳低くなって、つれにおこられた。

そう、興福寺は奈良時代にできたお寺で阿修羅さんたち八部衆とか、十大弟子とかは奈良時代のものなんだけど、何度も焼失と復興を繰り返していると。で、鎌倉時代の復興期につくられたという薬上菩薩さん薬王菩薩さんとか四天王たちとかも展示。

で、2015年、中金堂が再建されるんだってさ。また行きたいところ増えちゃった。奈良か。中村優のふるさとだな。ってだからsakusakuはいいってば。

芸術新潮 2009年 03月号 [雑誌]芸術新潮 2009年 03月号 [雑誌]

by G-Tools
「国宝阿修羅展」のすべてを楽しむ公式ガイドブック (ぴあMOOK)「国宝阿修羅展」のすべてを楽しむ公式ガイドブック (ぴあMOOK)

by G-Tools

トラックバック・ピープル「ミュージアム・ピープル」
にほんブログ村「美術館、博物館、ミュージアム」


【ぼくがすきなものやおもしろいと思ったことを紹介したくて書いてます。】
例えば: →音楽 →舞台 →散歩 →サッカー →花見 →お菓子 →sakusaku

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • おのの

    人ごみの中、長時間並んで観に行ったひと、
    脱帽ものです。
    2009年06月09日 19:00
  • ぼくんち杉並区†

    うっしっし、もっかい行っちゃったもんね。4月にいったときはそうでもなかったけど、6月の2回目はひどかった。長時間並ぶことよりも、中に入ってからの混雑ね。
    2009年06月10日 00:38

この記事へのトラックバック

「国宝 阿修羅展」にもっかい行ったら混雑がはんぱなかった
Excerpt: なんと、4月に行った「国宝 阿修羅展」にもっかい行ってみた。なにやら大人気というのをテレビで見て、ぼくはもう行ったもんね、なんて思ってたんだけど、せっかくだからもっかい見ておこうかと。最終日の前の土曜..
Weblog: 【ぼくんち杉並区】
Tracked: 2009-06-10 00:27

秋旅・奈良と京都6 興福寺で阿修羅さんに再会&他にもたくさん
Excerpt: 11月下旬に奈良と京都。朝ごはん食べて、2日目は興福寺から。奈良駅近くのホテルからてくてく歩いてすぐ着いた。去年東京で2回お会いした阿修羅さんにまた会いに行くのだ。
Weblog: 【ぼくんち杉並区】
Tracked: 2010-12-13 00:16

最近の記事

過去ログ