「おと・な・り」は雰囲気よかったけど惜しい

おと・な・りを見てきたよ。ぼくのだいすきな麻生久美子と、まあまあすきな岡田准一が主演。前から見ようと思ってて、終わるギリギリで。

おと・な・り

麻生久美子岡田准一が、お隣に住んでるけど顔を合わせたことはなくて、でもアパートの壁が薄いから音が筒抜け、という関係。お互いの接点はほとんどなく、2人それぞれの話が進んでいく感じ。
2人のラブストーリーだと思ってたので若干拍子抜け。でも雰囲気は思ったとおりゆったりおしゃれでそれを楽しみつつ、2人の距離がどう縮まるのかわくわく。

そしたら終盤、その距離が縮まりすぎっていうか、縮まるきっかけがなんだかチープ。最終的な結末はあれでいいと思うんだけど、「起承転結」の「転」のところ。もうちょっとやりようがあったんじゃないかなぁ。同窓会て。だったら学生時代の2人のエピソードの1つもほしかったな。途中までいい感じだっただけに、惜しい。

「音」に重きを置いた演出は斬新で心地よい。それだけじゃなくて映像の構図なんかもいい雰囲気で、麻生久美子が花屋で岡田准一が写真家なら、映像的にもがんばっていい設定だよね、なんて自分の勝手な仮説に納得したりしながら、演出面はとっても気に入った。

麻生久美子はあいかわらず魅力的な存在感&声がステキ。岡田准一もオトコマエだわぁ。
脇を固める、市川実日子谷村美月森本レオあたりも、もともとすきってこともあるけどいい感じ。

恵比寿ガーデンシネマで119分。見てる途中に地震があった。これは初体験。外出て大惨事になってたらどうしようと一瞬思ったけど、そんなことなくてよかった。


おと・な・り@映画生活
トラックバック・ピープル「映画館で観たよ」
にほんブログ村「映画鑑賞」


【ぼくがすきなものやおもしろいと思ったことを紹介したくて書いてます。】
例えば: →映画 →サッカー →舞台 →ライブ → →神社仏閣 →散歩

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 サッカーブログへ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • おと・な・り

    Excerpt: おと・な・り ’09:日本 ◆監督:熊澤尚人「DIVE!!」「ニライカナイからの手紙」 ◆出演:岡田准一 、麻生久美子、谷村美月、岡田義徳�... Weblog: C'est joli~ここちいい毎日を~ racked: 2009-08-18 11:58