はじめての歌舞伎

歌舞伎はじめて歌舞伎を見てきた。国立劇場十一月歌舞伎「外郎売」「傾城反魂香」「大津絵道成寺」。文化勲章を受章したばかりの坂田藤十郎や、最近は海老蔵の父親ってのがいちばんわかりやすいかもしれない市川團十郎といった、ぼくでも知ってる有名どころが出演。

よくわかんないまま電話予約したら、あらら、花道にとても近い席。

歌舞伎最初は、なに言ってるかわからんし、顔白いし変なくまどりしてるし、イメージはしてたけど実際見てみるとなんだこりゃと面食らった。

でも徐々に、コミカルな動きや現代風アレンジの台詞なんかで楽しくなってきて、色鮮やかな舞台装飾や衣装、それから生演奏&生歌、もちろん生演技の臨場感と、存分に満喫。

歌舞伎長めの休憩挟んで3幕、のべ4時間どっぷり楽しんだ。おもしろい世界だなぁ。伝統芸能。「よっ、成田屋!」とかの掛け声も、ほんとにやるんだぁと興味深い。

そして歌舞伎といえば、なんとなくお弁当のイメージ。茶巾寿司と柿の葉寿司を食べたよ。イイネイイネ。
歌舞伎

【ぼくがすきなものやおもしろいと思ったことを紹介したくて書いてます。】
例えば: →映画 →音楽 →マクドナルド →買い物 →ドライブ →飲み物

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

最近の記事

過去ログ