ワールドカップ アルゼンチン×ドイツ 思わぬ大差

ワールドカップ! 準々決勝屈指の好カードは思わぬ大差。ドイツイングランド戦に続いてアルゼンチンからも4得点。組織的かつ集中した守備と、得点チャンスをきっちりモノにする攻撃力がすばらしい。


前半早々にドイツが先制して、風雲急を告げる雰囲気。だからってこの結果はまったく予想できなかったんだけど。
ドイツ1点リードの時間が長く続いて、その間はどちらかというとアルゼンチン攻勢。攻守の切り替えが早く、迫力満点で目が離せない。でも、DFメルテザッカーの顔面ブロックなど、ドイツが集中した守備。

で、その守備に支えられての、終盤ドイツのゴールラッシュ。ポドルスキーシュバインシュタイガーミュラーあたりの縦への推進力と、それに呼応してきっちりゴール前に詰めている連動性。気持ちいいわぁ。
2点目は、MFケディラが前でポストになってつぶれてポドルスキーが飛び出して最後はクローゼ。3点目はショートコーナーの流れからシュバインシュタイガーがドリブルで切り裂いて、折り返しにDFフリードリヒが詰めていた。4点目も、中盤で奪ってからきっちり4人が前に走るカウンター。どれもこれもしびれた。

アルゼンチンも決して悪くはなくて、多分シュート数は互角かアルゼンチンのほうが多いくらい。テベスが運動量豊富にチャンスつくってたけど、メッシはマークの厳しさもあって決定的な仕事をできず。終盤はさすがに焦りも見えた。0-3あたりからのサポーターおよびマラドーナ監督の落胆した表情ばかりが印象に残った。

2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ オフィシャルDVD オール・ゴールズ2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ オフィシャルDVD オール・ゴールズ
スポーツ

by G-Tools
【ワールドカップ】フラッグネックストラップ(ドイツ)ST-92GE【ワールドカップ】フラッグネックストラップ(ドイツ)ST-92GE

by G-Tools

トラックバック・ピープル「ワールドカップ」
にほんブログ村「FIFAワールドカップ」


【ぼくがすきなものやおもしろいと思ったことを紹介したくて書いてます。】
例えば: →舞台 →神社仏閣 →音楽 →ワールドカップ →新宿 →ドライブ

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

最近の記事

過去ログ