「借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展」おもしろかった

借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展を見てきたよ。これのチケットもらったからって理由で映画も見て、でもその映画がわりと好感だったのでこいつもわくわく。キャッチコピーの「現実と虚構を融合させる。」から期待大。

と、あれれ、混んでますよ、東京都現代美術館。入場まで70分待ちだって。むぅ。まあしょうがない、ならぶか。子供連れが多いな。お茶飲んだりお菓子食べたりトイレ行ったりしながら、ぽてぽて並んで、ほんとに70分で入場。

借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展

中に入ると、まずでっかい通気口。わぁ、ぼくたち小人だ。傍らには角砂糖が置いてあるにくい演出。そしてアリエッティのおうちが再現。アニメをセットにしちゃったの。おお、おお、イイネ、イイネ。映画のあの色彩、あの質感だ。
アリエッティの部屋、リビング、おとうさんの作業部屋などなど。「借り」に行くときに通ったあの壁の間の通路も再現されててステキ。おとうさんの作業部屋かっこいい。

一部以外の小道具さわれるし、いすにも座れるし、なにがいいって、順路がない。自由に歩き回るの。家だもんね。
混んでて狭くて大変なところもあったけど。まちがっていきなり外に出てしまいそうになっちゃったけど。

後半は種田陽平が美術監督を務めた他の作品の写真パネルや図面、イメージスケッチなどを展示。ぼくが見た作品だけでも、こんなにあった。「THE 有頂天ホテル」「キル・ビル Vol.1」「ザ・マジックアワー」「スワロウテイル」「フラガール」「冷静と情熱のあいだ」
ふむ、なかなか興味深い。でもこのへんは人気なかったな。みんなアリエッティ狙いだからか。ミニシアターで種田陽平の仕事っぷりを紹介する映像が流れててなかなか興味深かったけど、子供は飽きてた。

その並びで最後はやっぱり「借りぐらしのアリエッティ」。イメージスケッチなどから、試行錯誤の末にアリエッティというキャラクターができあがっていく過程がかいま見えておもしろかった。最初は青い服着てショートカットでナウシカみたいだったのが徐々にあの髪型であの赤い服のアリエッティになっていった。

映画の世界を体験できて、製作の舞台裏をチラ見。ふー、おもしろかった。

借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展

ホット・セット 種田陽平 美術監督作品集ホット・セット 種田陽平 美術監督作品集
種田陽平

by G-Tools
辻仁成+種田陽平式 映画づくりの旅辻仁成+種田陽平式 映画づくりの旅
辻 仁成 種田 陽平

by G-Tools
借りぐらしのアリエッティ キーホルダー「アリエッティと角砂糖」借りぐらしのアリエッティ キーホルダー「アリエッティと角砂糖」

by G-Tools
ジス・イズ・アニメーション 借りぐらしのアリエッティジス・イズ・アニメーション 借りぐらしのアリエッティ
スタジオジブリ

by G-Tools

トラックバック・ピープル「美術館に行こう!」
にほんブログ村「借りぐらしのアリエッティ」


【ぼくがすきなものやおもしろいと思ったことを紹介したくて書いてます。】
例えば: →音楽 →散歩 →FC東京 →まつり →舞台 →映画 →ラーメン

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 サッカーブログへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

  • みいな

    わぁ~、楽しそうですね!
    他の映画のパネルとかイメージ図とか
    そちらに興味深々です。
    2010年09月23日 18:14
  • ぼくんち杉並区†

    いろいろ見られておもしろかったよ。セットは残すものじゃないから、写真や図面やスケッチしかないのが儚い。でもその作品の記憶がよみがえってきてステキ。
    2010年09月26日 11:29

この記事へのトラックバック

「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」が期待以上に楽しかった
Excerpt: 前から気になっていた「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」に行ってきたよ。スタジオジブリや三鷹の森ジブリ美術館が協力して、「巨神兵東京に現る」という短編映画をアニメじゃなくて特撮..
Weblog: 【ぼくんち杉並区】
Tracked: 2012-09-20 23:46

最近の記事

過去ログ