「奇ッ怪 其ノ弐」シュッとスタイリッシュ

「奇ッ怪 其ノ弐」土日2日連続観劇。奇ッ怪 其ノ弐。世田谷パブリックシアタープロデュースで野村萬斎監修の、「現代能楽集」というシリーズ企画。シリーズの存在は知ってたけど、はじめて。ぼくのすきな山内圭哉も出てるよ。

作・演出: 前川知大
出演: 仲村トオル 池田成志 小松和重 山内圭哉 内田慈 浜田信也 岩本幸子 金子岳憲

観る前は、能や狂言を現代風にアレンジしたものだと思ってたけど、これはそうじゃなくて能や狂言に着想を得た現代劇なのね。観た後で気がついて、納得。まあ観てる間はそんなこと考えてなくて、とても魅力的な内容にぐいぐいひきこまれてた。だいぶ怪談、でも笑える。

笑ってるうちに最後はシリアスっていう、ぼくのすきな部類で、なかなか秀逸。人の生き死にの話を扱いつつ、重すぎず、シュッとスタイリッシュ。オムニバス的にいろんなエピソードが繰り広げられて、余韻を残して次の話に移る場面転換の妙。
大道具ほとんどなしで、シンプルながら奥行きを広く使った舞台もいい感じ。そういう視覚的な演出も、話に深みを増す要素になってるかな。

能や狂言は観たことなくて、そんなに興味があるわけでもないけど、古典の雰囲気をちょっとは味わえたのかしら。味わったことがないからよくわからないや。まあいいかそんなこと。現代劇としてきちんと楽しめたからな。山内圭哉はいろいろ手を出してるな。

野村萬斎 世田谷パブリックシアター芸術監督就任記念公演「まちがいの狂言」 [DVD]野村萬斎 世田谷パブリックシアター芸術監督就任記念公演「まちがいの狂言」 [DVD]

by G-Tools
「狂言劇場」その弐 [DVD]「狂言劇場」その弐 [DVD]

by G-Tools

トラックバック・ピープル「能・狂言」 ◆にほんブログ村「能、能楽」

【ぼくがすきなものやおもしろいと思ったことを紹介したくて書いてます。】
例えば: →FC東京 →水族館 → →まつり →温泉 →信州 →動物園

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 サッカーブログへ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 東急世田谷線に乗ったの

    Excerpt: 世田谷パブリックシアターで観劇のために、ひさしぶりに東急世田谷線に乗ったの。下高井戸←→三軒茶屋の往復。端から端までだね。 Weblog: 【ぼくんち杉並区】 racked: 2011-09-01 00:44