横浜F・マリノス×FC東京 前半楽しくて後半ハラハラの1-0勝利

悲しいことがあっても、辛いことがあっても、週末にJリーグがある喜び。そして、俺たちのFC東京が勝ってうれしい。BS中継してくれてありがとう。


前半楽しくて後半ハラハラ。
歌い出しがロスタイムの最後の最後になってしまった”眠らない街”が響き渡る中、塩田始めベンチメンバーが立ち上がって手を叩いて味方を鼓舞している姿が映って感激、そのまま試合終了して全員で喜びを分かち合ってたのいいなぁ。みんなで戦ってる感じ。

毎試合やっている、対戦相手のスカウティングにもとづいたスタメン選びが今回もドはまり。ACLの過密日程で疲労が溜まっているであろうベテランのディフェンスラインに対して、平山千真の2トップをぶつけて、立ち上がりから前線で激しくチェイシング。
長いボールも使って縦に速く攻めて、前線でボールを失ってもすぐに寄せて高い位置で奪い返す。エドゥーだとあそこまでプレッシャー行けないもんね。結果的には千真のボール奪取からのゴールが虎の子の1点。その後で自分にめぐってきたビッグチャンスをはずしてまたゴールはできなかったけど、千真いい仕事したな。

その千真のとか、平山の前にも見たことがあるGKが伸ばした手に競り勝つヘディングシュートとか、前半のうちにもう1点取れてるともうちょっと楽だったんだけどね。
でも楽じゃない試合でも勝てるクラブになるのが今年の課題だから、これはこれで実りある勝利かも。

最大の勝因は、マッシモの戦術。後半頭から相手が2トップにしつつ高秀先生の脇を使う対策をしてきたら、米本を1つ下げて2人並べるオプションフォーメーションを発動して対応。その後も前がかりに攻めてくる相手に対して5バックにして受けに回ったのは意外だったけど、これがイタリア流の1-0の勝ち方ってことか。そんなのやったことないからハラハラしちゃう。
でも、5バックといっても、FW削るんじゃなくて2トップは残してたんだよね。スタメンの2人に替えて、ポストプレーがはんぱないエドゥーとスピードのある武藤でカウンターの脅威を残す。これで相手もそこを注意せざるを得ない状況を作ってた。守備一辺倒じゃない、マッシモ流のガスナチオか。たまらん。

多彩なスタメン選びに加えて、試合中にも次々手を打ってくる引き出しの多さがとても楽しい。マッシモ!トーキョー! そしてそれに応える選手たち。上司と部下の、よい関係。前半だったかな、”タマー!”って叫んでるのばっちり画面に抜かれてうれしくなった。

FC東京 ミッキーTシャツ(サポーター)FC東京 ミッキーTシャツ(サポーター)

by G-Tools
F.C.TOKYO MAGAZINE BR TOKYO 2014年 06月号 [雑誌]F.C.TOKYO MAGAZINE BR TOKYO 2014年 06月号 [雑誌]

by G-Tools

【ぼくがすきなものや気になったことを紹介したくて書いてます。】
例えば: →FC東京 →V・ファーレン長崎 →散歩 →音楽 →

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ にほんブログ村 サッカーブログ V・ファーレン長崎へ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 杉並区情報へ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック