土用の丑の日に味の民芸で「うな重」

土用の丑の日うなぎの日。うなぎの旬が冬だとは知りつつも、イベントには乗っかってしまう。平賀源内わっしょい。夏だ、夏だ、とんがろう!

ということでうなぎを食べるためにほぼ残業なしで帰宅。近所のうなぎ屋さんに行ってみたけれど、なんと品切れで早々に閉店。しかたがないのでもう少し遠い別のうなぎ屋さんに行ったみたら、今度はちょうどいま満席になっちゃったと言われてすごすごと退散。お店のおじさん曰く、また明日来てよ、丑の日だけじゃなくて土用の間に食べればいいんだから、だって。まあそうなのかもしれないけど、今日うなぎを食べる気になってるのだよ。
ならばと車を出して、そういえば何年か前に三鷹駅の近くでうなぎ食べたことがあったぞとおぼろげな記憶を頼りに行ってみたけど見つけられず、最後の保険に取っておいた、味の民芸三鷹牟礼店へ。和風のファミレスだね。ぼくはなかなかすきでときどき行くよ。

はい、「うな重」。鹿児島産ニホンウナギ使用だって。定食的に、ハーフセイロそば、酢の物、香の物がついてきた。ああ、そうか、こういうお店だと肝吸いまでは望めないね。
画像
画像うなぎの大きさもふっくら感もそれなりっちゃそれなりだけど、普通にうまい。むふ。土用の丑の日うなぎを食べられて満足。平日の夜に帰宅後外食なんてめずらしくて楽しい。
ファミレスだから他のものも食べたくなって、奥さんはカレーうどん味の民芸うどんがおいしいからね。いつもそうするけど、2人でそれぞれをわけわけ。

ニホンウナギが絶滅危惧種だから守らなきゃいけないけど、風物詩な食文化も守っていきたい。「和食」はユネスコ無形文化遺産だもんね。なにごともバランスか。頻繁に食べるものでもないしね。じゃあ今度は旬の季節にうなぎを食べようかね。

熊本産 うなぎ蒲焼3本セット熊本産 うなぎ蒲焼3本セット

by G-Tools
三越伊勢丹 日本の年中行事 暮らしアルバム三越伊勢丹 日本の年中行事 暮らしアルバム
三越伊勢丹

by G-Tools

【ぼくがすきなものや気になったことを紹介したくて書いてます。】
例えば: →FC東京 →温泉 →喫茶店 →まつり →電車 →名古屋

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ にほんブログ村 サッカーブログ V・ファーレン長崎へ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 杉並区情報へ

この記事へのコメント

ターコ
2014年08月04日 00:11
ブタさんとペンギンさんが、今にも食べようとしているのが可愛い♪(^∇^)あっはっはっ
土用の丑の日、あちこち混んでたね~。うちは次の日に食べましたよ~。この暑さに負けないように、皆体力つけようって思ったかもね。
2014年08月04日 00:27
高くても、混んでても、風物詩だもんね。次の日に食べるのもありだね。夏を乗り切ろう。

この記事へのトラックバック