FC東京×清水エスパルス 予想外なところで天皇杯終戦

画像天皇杯4回戦。俺たちのFC東京はまたホーム味の素スタジアムで戦える幸運。しかしケガ人や日本代表でメンバーが全然足りないピンチ。中島翔哉は富山で天皇杯出てるから出られないっていうし。なにそのルール。ベンチにGK塩田の2人を入れるほど人数が足りなかった。こういうときこそサポーターが後押ししなきゃ。
と意気込んで味スタ行ったんだけど、ありゃりゃ、むーんむーんむーん。くやしい。くやしすぎる敗戦。失点しても、なんとか後押しと思って手拍子&声を送ったけど、ダメだった。疲れた。そしてカップ戦が終わってしまった。


先週の鹿島戦の前半がこんな感じだった気がするんだけど、前からのプレスをサイドに交わされて、大きなサイドチェンジで振られてスライドが後手。ディフェンスラインがじわじわ下がる結果になって、ボールを奪えても低い位置だから攻撃に時間がかかり、さらに前線でも手数をかけすぎて崩せず。

それでも後半の立ち上がりから10分くらいまで、跳ね返されても拾って次、と何度も攻撃できてとてもいい雰囲気だったんだけど、相手の体を張った守備に粘られてしまった。で、左サイドから攻めてコーナー付近でごちゃごちゃした後、クロスが誰にも合わずに相手ボールになってカウンター食らった1失点目はほんと残念。もったいない。
その後、運動量にドリブルにかなり存在感示せていた河野のゴールで追いつけてなんとかなるかと思ったのに、直後に失点してしまって、喜べたのはほんの1分だったもんなぁ。

ひさしぶりの出場になった椋原は攻守にいまひとつ。千真は相変わらずゴールの雰囲気から遠く、サイドに流れた後で誰にということなくとりあえず上げてる感じのクロスに何度も萎えた。
で、リードされてる状況での3人目の交代。FWの控えは公式戦の出場がない平岡翼しかいなくて、パワープレイだからといってGKを入れるわけにもいかず、サイドバックを椋原から松田陸に交代するしかできなかった。まあカニーニを前線に上げてパワープレイだったからクロスが得意な松田陸投入が取り得る最善の策ではあったけど、その選択肢しかなくなってしまった台所事情が残念。

J2が7チームなど、ベスト16に残った面々を見て今回はチャンス大と思ってたのにな。ここで負けるのは予想外だわ。

画像
画像画像
画像画像
青赤横丁もなくドロンパも登場せず、シンプルにサッカーの試合だけなのひさしぶりだったな。珍しく味スタ常設の売店でごはんを買ったり、やることないからじっくり練習を見たり。右下の写真は練習中のね。

adidas(アディダス) 天皇杯公式試合球 5号 [ FIFA APPROVED 国際公認球 ] AS5530ECadidas(アディダス) 天皇杯公式試合球 5号 [ FIFA APPROVED 国際公認球 ] AS5530EC

by G-Tools
VAMOS TOKYO!VAMOS TOKYO!
THE MIDWEST VIKINGS

by G-Tools

【ぼくがすきなものや気になったことを紹介したくて書いてます。】
例えば: →FC東京 →温泉 →喫茶店 →まつり →電車 →名古屋

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ にほんブログ村 サッカーブログ V・ファーレン長崎へ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 杉並区情報へ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック