アルビレックス新潟×FC東京 内容いまいちなのに大差勝ち

画像俺たちのFC東京の試合をDAZNで観戦。夕方買い物に出かけてて、試合やってる時間に帰りはしたけど、生後7カ月の娘をお風呂に入れたりしてたもんだから、試合終了後に見逃し配信。近頃は試合終わったらすぐにFC東京公式からLINEで試合結果が届くので、うっかり見ないように気を使う。
そしたらDAZN再生直後の画面に「新潟 0-1 FC東京」なんて書いてあるもんだから、なに結果載せてんだよ、と憤りかけて、前回対戦の話だと知る。あー、びっくりした。


不思議な感覚の試合だった。90分のうちのほとんどの時間で相手ペースだったのに、この結果。まあこうやって負けることは何度もあったけど、勝つ側にまわるとこんな感じなんだ。スタジアムじゃないしリアルタイムじゃないしと熱量下がる要素はあるにせよ、ただなんとなく勝った、そんな感じ。

前田大久保嘉人の2トップにわくわくしたのは試合前だけだった。前半なんて、1点リードしたけど、シュートはその1点になった太田コースケのFKだけ。まあそのFKは鳥肌モノの軌道だったけど。
中盤からのつなぎが皆無で、とりあえず大久保めがけて蹴るパターンがほとんど。それもアバウトなボールが多いからうまくつながらないし、つながっても大久保の近くにサポートがないからその後が続かない。後半途中から高萩が入ってちょっとましになったかな。

唯一キレイにつながったのが2点目の場面。橋本拳人が敵陣で球際競り勝つボール奪取から長短4~5本のパスがつながって、太田コースケのグラウンダーのクロスを橋本拳人が仕留めた。逆に、むしろなんであのときだけあんなにキレイにつながったんだろう。そしてやっぱかみ合えばすごいメンバーなんだな。

あれ、勝ったのに、負けた試合みたいな感想になっちゃった。でも内容悪くても勝ち点を重ねるのは、長いシーズンで上位に行くには必須条件。勝つことで課題が見えなくなるのは困るけどこのメンバーはその心配はなさそうだし、勝つことが薬になることもある。今週からほぼ毎週、水曜日にルヴァンカップが入ってて、練習で解決できる時間も限られてくるしね。そして高萩が思ったより早く戻ってこられたのがこの上ない好材料。

厳選 にいがた地酒の旅厳選 にいがた地酒の旅
新潟日報事業社

by G-Tools

【すきなものや気になったことを紹介してます】
FC東京V・ファーレン長崎散歩

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ にほんブログ村 サッカーブログ V・ファーレン長崎へ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 杉並区情報へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

2017年のサッカー観戦を振り返り(FC東京とV・ファーレン長崎)
Excerpt: ぼくが応援しているJリーグクラブは、FC東京とV・ファーレン長崎。2017年シーズンは、その2クラブが明暗とても対照的なシーズンだった。 FC東京: まったくもって期待は..
Weblog: 【ぼくんち杉並区】
Tracked: 2018-01-24 23:07

最近の記事

過去ログ