【ぼくんち杉並区】

アクセスカウンタ

zoom RSS AC長野パルセイロ×FC東京U-23 試合の中で悔しい経験をつむ若手たち

<<   作成日時 : 2018/03/21 23:20   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

3月21日、水曜日の祝日でJリーグ開催日なんだけどJ1は休みでJ3をDAZN観戦。俺たちのFC東京U-23の試合は今シーズンはじめて観たな。長野じゃ季節はずれじゃないのかもしれないけど、雪の中のアウェイゲーム。


前半はお互いシュート1本ずつの眠い展開。後半は長野が攻勢を強めてきて防戦一方。なんとか跳ね返したり相手のミスに助けられたりはしてたけど、クロスが伸びてゴールに吸い込まれるアンラッキーな失点。その後も押し込まれたけど相手が1人退場者を出して形勢逆転、東京が攻める時間が多くなったけれど、スピードや精度を欠いて相手を崩すには至らず。

4バックのうち山田以外の3人がユースの選手ってことでだいぶばたばたしてたけど、アンラッキーな1失点で追われたのはまあ良かったんじゃないの。左サイドバックのバングーナガンデ佳史扶は積極的に攻撃参加もしてて好感。パスのもらい方やクロスの質とかはまだまだだけど。4月から高校2年生の16歳か。言いたくなる名前だから、今後成長してほしい。
ひさしぶりの試合出場だったGK廣末は、アンラッキーとはいえいちばん悔しい失点だと思うので、せめてぎりぎりさわれるとか、なんとかできるようになれるといいね。試合の中でそういう悔しさを味わえるのも良いことだ。

攻撃に関しては運動量少なめで迫力を欠いた。雪で気温4度のコンディションってのもあるだろうけど。
縦パス収めてそこからの展開とか、ゴール前のクロスに入っていく人数とか、まあJ1出てるメンバーと似た課題か。品田鈴木喜丈内田あたりが牽引してほしいけど、まだおとなしい。

今シーズンもDAZNのJ3中継は解説やピッチレポートなしの実況1人なのね。だいぶ寂しい。内容も、萬代はJ1J2を渡り歩いたベテランだし、堂安憂は堂安律の兄だし、都並優太は都並敏史の息子で同じ左サイドバックだし、浅野哲也監督は選手時代にFC東京に所属歴があるし、いろいろ話題あると思うんだけど特に触れず。まあ1人だから触れても広がらないか。

4809414965J2&J3 フットボール漫遊記
宇都宮 徹壱
東邦出版 2017-07-05

by G-Tools

【すきなものや気になったことを紹介してます】
子供お土産FC東京散歩杉並区

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ にほんブログ村 サッカーブログ V・ファーレン長崎へ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 杉並区情報へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

プロフィール

ぼくんち杉並区†ニックネーム:
ぼくんち杉並区†
→ツイッター
こんにちは。ぼくは杉並区に住んでいます。おもしろいことを見つけると、みんなに話したくなります。 ...続きを見る





AC長野パルセイロ×FC東京U-23 試合の中で悔しい経験をつむ若手たち 【ぼくんち杉並区】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる