FC東京×川崎フロンターレ ホーム最終戦で情けなく敗戦

11月24日、俺たちのFC東京のホームゲームを味の素スタジアムで観戦してきた。早いもので、今シーズンのホーム最終戦。ぼくのスタジアム観戦もこれが今年最後だな
しかーし、ACL出場権が与えられる3位以内に再浮上するには残り2つ勝つことが求められる状況で、なんとも情けない敗戦でその望みもなくなった。はぁ。


サッカー用語で攻撃がちぐはぐなことを示す「ノッキング」って言葉があるけど、その実例を見せられているような試合だった。ホーム最終戦でこれかよまったく。

立ち上がりからの相手のプレスに手を焼いた感じで、1本ずつのパスが少しずつずれて、連続でつながることは皆無。ドリブルではがす、受け手が動きなおしてはがす、というのがないからゴールに向かうパスも少なく、守備につかれている状態でパスを受けて、横パスやバックパスが増える。最初の失点はまさにそれをかっさらわれてのものだったしね。
ときどきカウンター気味にペナルティエリア侵入することもあったけど、シュートしてほしいところでパスを選択してカットされるとか、なんとももどかしい。

画像逆に川崎がスムーズな連係を披露してくれるものだから、ダメさが余計に際立ったな。川崎は優勝を決めた前節から何人か入れ替えてきてたのにな。
チケット完売も川崎サポーターのおかげかなぁ。本来ならホーム自由席なバックスタンドが、4分の1くらいまでアウェイ席設定だったのははじめて見た。混在可能なバックスタンド2階は半分まで水色だったし。なんか、だいぶ水をあけられちゃったな。
画像

そして試合後はホーム最終戦ってことで全員出てきてごあいさつ。今シーズンのキャプテンを務めたヒョンスがしゃべって、長谷川健太監督がしゃべって、あれ、社長はしゃべらず。そういえば入場のときにぼくのチケットをもぎってくれたのは大金社長だったんだけど、求めてるのはそういうことじゃないね。
もう1試合残ってるけど、できたこととできなかったことをきちんと振り返って来シーズンに臨もう。まずはその1試合を、なんとなく消化試合で終わることのないように。

画像セレモニー2つ目、梶山陽平の現役引退。まだアルビレックス新潟への期限付き移籍期間な気もするけれど、ちっちゃいことは気にすんな。15年分を振り返るかっこいい映像と、あいかわらず朴訥としたスピーチ、さらに家族からの花束で、じんわり胸熱。なんか、情けなく負けた試合の印象を帳消しにされちゃったな。胴上げ何回すんねん。
トーキョーの10番は オーオー かじやまよーおーへい

ついでに、数日前に契約満了が発表された平岡翼リッピも胴上げ。どちらかというと戦力外通告に近い気がするんだけど、こういう雰囲気で送り出せてよかった。来年どこかのクラブで会えるかしら。
画像
画像
画像
画像

画像英才教育が行き届いたうちの2歳児はすっかりスタジアム観戦が楽しいようで、「トーキョー行くよ」「うぉーくおんするよ」「ドロンパー!」「タクオー!」、いろいろしゃべる。
大青赤横丁で石川直宏クラブコミュニケーターにだっこしてもらって「いしかわ」と言ってみたり、いろんなチャントを耳コピで歌ってみたり。ああ、サマーライオン歌えるようになったから橘ゆりかに聞いてもらおうと思ったのに、会えなかったな。じゃあ、また来年。
画像
画像
画像



【すきなものや気になったことを紹介してます】
FC東京子供吉祥寺誕生日お土産

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ にほんブログ村 サッカーブログ V・ファーレン長崎へ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 杉並区情報へ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック