FC東京×川崎フロンターレ:完成度の違いが圧倒的

J1。俺たちのFC東京は、昨シーズンから圧倒的な強さが続いていて誰が止めるの状態な川崎フロンターレをホームに迎える序盤の大事な1戦。
朝に4歳児とテレビ見てたらNHK「おとうさんといっしょ」に中村憲剛が出てきて、まさかの試合告知かと思ったけどそんなわけなかった。ていうか知らない人が見たら元Jリーグ選手とすら認識できない内容だった。


はぁ、悔しい。川崎は、ポジショナルプレーというかオートマティズムというか、考えてから蹴るとか出しどころ探すとかいう感じが全然なくて、全員が常に連動していてとにかくスムーズ。しかも技術的なミスもしない。なんか、うまい人のウイニングイレブン見てるみたいな感じだった。
対してFC東京の失点は4つともミスがらみ。後半なんとか盛り返して1点差に詰め寄ってよしこれからとなった2分後の、3失点目がダメージ大きかった。ていうか詰め寄った時点で喜びすぎの違和感はあったんだよな。交代準備している状況で1点取って、後回しにしたところでの失点とか、いろいろ重なったなぁ。

戦い方としては、渡辺剛の出場停止を受けてどうするか悩ましい中、長谷川健太監督の選択は森重をセンターバックにした4-4-2。攻守ともに中盤厚くする狙いだったと思うけど、ディフェンシブハーフ青木安部柊斗の組み合わせが狙い通り機能できなかったかな。後半頭から安部柊斗に変えてアダイウトン入れて、をディフェンシブハーフに据えて改善できてたもんな。
そういうやや手探りな面も含めて、とにかく完成度の違いが圧倒的だった。そういえば、レアンドロオマリがこの日も戦える状況じゃなかったのが残念だったけど、どういう状況なんだろうか。

前節もやった5バックからのサイド攻撃で1点返せたとか、9試合で4失点だった相手から2得点したぞ、なんて無理矢理ポジって、まあこれ以上強い相手はいないので、次に川崎と対戦するシーズン終盤の10月にはもっと拮抗できるように取り組んでいこう。

チケット完売もしなかったし味スタ行こうと思えば行けたけど、「Jリーグのスタジアムにおける感染予防のための調査および調査実施に伴い上限2万人に緩和」っていうので逆に躊躇。どんな調査してどんな結果だったのかは明確に公表してほしいな。だいぶ声出ちゃってたとかそういうこと? 次から「まん防」で上限5000人に戻っちゃうけどね。
というわけでDAZN観戦だったんだけど、おやつ食べながらいっしょに観てた娘が、GK児玉剛のコーナーキックかなんかのキャッチングに「ダマさんいまのすごかったねぇ」なんて渋い目線のコメントしたなと思ったら、解説の岩政大樹も同じこと言ってて、観戦力すごいな4歳児。

DAZNプリペイドカード 3ヶ月
DAZNプリペイドカード 3ヶ月

【すきなものや気になったことを紹介してます】
FC東京電車神社仏閣子供吉祥寺
温泉カフェマクドナルドパン長崎

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ にほんブログ村 サッカーブログ V・ファーレン長崎へ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 杉並区情報へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

最近の記事

過去ログ