「皇帝ペンギン」を見た かわいい顔して厳しい暮らし

「皇帝ペンギン」にわかに大人気らしい皇帝ペンギン恵比寿ガーデンシネマで見てきました。前売り買ってたんだけど、最初のころは混んでるだろうと様子見てて、平日にこっそり夏休みをとって行ってきました。

マイナス40度の南極で暮らす皇帝ペンギンが、たまごを生み、育て、エサをとり、というドキュメンタリー。
なんて厳しい環境で、なんて厳しいサイクルの暮らしをいしているんだ。すごいよこいつら。がんばって生きてるよ。ぜんぜん「皇帝」っぽくないね。

外敵の少ない営巣地に何千羽も集まってるのは圧巻。で、厳しさとは裏腹に見た目がかわいいすぎる。短い足でてくてく歩いたり、おなかでスイーッとすべったり、すべってこけたり、海にざぶんざぶん飛び込んだり、ぴょんぴょん出てきたり。そしてなにより、そこにいるだけでなごんでしまう子ペンギン。見てる人たちことあるごとにため息。

あと、擬人化されたナレーションが、現実の厳しさをやわらげてくれてるかな。ドキュメンタリーとしてそれがいいのかどうかわからないけど、エンターテイメントとしてはそれでいいと思います。決して過剰な演出じゃないし。
86分と短めだったけどちょうどいいかな。あー、でももうちょっとかわいいシーンをぼけーっと見ててもよかったかも。テーマ曲がけっこう気に入りました。サントラどうしよう。買っちゃおうかな。

映画館ってちょっと寒いことが多いけど、目の前がマイナス40度のブリザードなんでよけいに寒く感じる。上着1枚持ってってください。

◆皇帝ペンギン@映画生活
◆トラックバック・ピープル「映画」



【ぼくがすきなものやおもしろいと思ったことをみんなに紹介したくて書いてます。】
映画 音楽 サッカー 愛・地球博 飲み物 携帯電話 sakusaku お菓子


皇帝ペンギン

"「皇帝ペンギン」を見た かわいい顔して厳しい暮らし"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント:

最近の記事

過去ログ