「チョコレート工場の秘密」を読んだ 映像化楽しみ

チャーリーとチョコレート工場映画チャーリーとチョコレート工場の予習に、原作チョコレート工場の秘密を読みました。小学校中~高学年向けの児童文学。なかなかわくわくしましたね。子供にもわかりやすい、子供に言っても大丈夫な、軽めのブラックユーモアがステキ。
壮大な工場とか、子供たちが大きくなったり小さくなったりとか、映像化にするにはいい題材な気がするので映画が楽しみになりました。

結末が、えっ、これで終わり?と思ったんだけど、続編ガラスの大エレベーターがあるとのこと。そうそう、ガラスのエレベーターがこのあとどうなるのか気になった。これも読まなきゃ。
映画はどこまでやるんだろ。続編の分までやってくれたらいいな。

チョコレート工場で働いてる小人たちがいろいろ歌を歌ってて、けっこう長い歌詞がつらつらと書いてあるんだけど、メロディがわからないから頭の中でラップになっちゃった。きっちり韻踏んでるし。ここは映画で確認&楽しませてもらおう。

ぼくが読んだのは2005年4月発行の新訳版。昔のものと登場人物の名前が違うらしい。それを訳者があとがきで自画自賛してるのはちょっとひいた。しかもいまいち説得力がない。でもそのあとがきで、軽めのブラックユーモアをこげ茶色ユーモア、チョコレートユーモアと表現したのはうまいと思った。
まあどうでもいいか。映画見に行こ。


【ぼくがすきなものやおもしろいと思ったことをみんなに紹介したくて書いてます。】
映画 音楽 サッカー 食事 名古屋 携帯電話 sakusaku 伊香保

"「チョコレート工場の秘密」を読んだ 映像化楽しみ"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

最近の記事

過去ログ