bjリーグ観戦 東京アパッチ×高松ファイブアローズ

bjリーグを見てきたよ。去年の12月に続いて2回目。有明コロシアムで東京アパッチ×高松ファイブアローズの対戦。相変わらず大味な試合だった。

東京アパッチ 95-99 高松ファイブアローズ

bjリーグ前の観戦で東京アパッチが強くないということがインプットされてて、もらったチラシには高松ファイブアローズはわりと上位争いをしていると書いてあったので、そんな先入観で試合開始。
立ち上がり、高松ファイブアローズが簡単に2本入れるもんだから、ああ、そういうことかと思ったんだけど、そこから思わぬ接戦。

東京アパッチはセットオフェンスになんとなくスムーズさがなくて、崩しきらずにシュートというのが多め。でも、それ入っちゃうの、みたいなシュートがじゃんじゃん入っちゃうの。対する高松ファイブアローズは、 #2レジー・ウォーレン#3ジョージ・リーチの大きい2人を中で活かしながらシンプルな攻撃。でもここぞというシュートが落ち気味で突き放せず。
そんな対照的な印象での接戦。

ちょっと高松ファイブアローズがリードした3Qの終わり、東京アパッチが4連続速攻&ブザービーター3ポイントで同点。これで会場かなりヒートアップ。そのままもつれて延長戦。こうなったらホームのチームが勝っちゃいそうなもんだけど、高松ファイブアローズが3連続3ポイントで突き放した。
そこでもうダメかと思ったのに、東京アパッチ最後に意外と粘って追いつきかけたけど及ばず。

終盤の高松ファイブアローズのゾーンディフェンスには驚いた。ありなんだ。でかい外国人がまじめにハンズアップしてゾーンディフェンスしてるのは違和感あったな。ディフェンス同士の手があたりそうなんだもん。
そしてダブルテクニカルファウルあり、アンスポーツマンライクファウルあり、めずらしいものがいろいろ見られた。ワンエンドワンスローとか、ヘルドボールでジャンプボールなんてのも今となってはなつかしいルールだもんね。

bjリーグハーフタイムにはビックスモールンが登場したよ。バスケットボールのネタとかやってた。”なりたいな、なりたいな”
おえっ、ビッグスモールンじゃなくてビックスモールンなのか。まあ、どっちでもいいか。


トラックバック・ピープル「bjリーグ」
にほんブログ村「バスケ(バスケットボール、NBA)」


【ぼくがすきなものやおもしろいと思ったことを紹介したくて書いてます。】
例えばこんなテーマ→ 映画 サッカー 大阪 お土産 音楽 ラーメン 競馬



↓同じテーマで他にも書いてます。

"bjリーグ観戦 東京アパッチ×高松ファイブアローズ"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント:

最近の記事

過去ログ