演劇集団キャラメルボックス「ヒア・カムズ・ザ・サン」「水平線の歩き方」

そういえば、6月に演劇集団キャラメルボックス「ヒア・カムズ・ザ・サン」「水平線の歩き方」を観てきたんだった。約1時間の短め演目2本立ての”ハーフタイムシアター”前に見たハーフタイムシアター「クロノス・ジョウンターの伝説」は総称的なタイトルがついてて一応共通のモチーフがあったんだけど、今回はそういうの特になしかしら。

いやあ、相変わらずのきちんとドストレート、安心、安全、人畜無害。これでもかといい話だった。2本とも。磐石、王道。ところどころ織り交ぜられるちょっとした寸劇も、なんというか、きちんと笑える。きちんとしすぎだよ、まったく。

西川浩幸が病気で降板して、代役として両方に出ることになった岡田達也すごいな。毎ステージ違う話の違う役をやるなんて。そして西川浩幸は脳梗塞だったとか。心配だよ、まゆげのおっさん。

画像画像
いつものぶたさん、みき丸さん。あ、看板倒れてたから直してもっかい。


【ぼくがすきなものやおもしろいと思ったことを紹介したくて書いてます。】
例えば: →FC東京 →舞台 →コメダ →アイスクリーム → →ロディ

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 サッカーブログへ

"演劇集団キャラメルボックス「ヒア・カムズ・ザ・サン」「水平線の歩き方」"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

最近の記事

過去ログ