「グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜」を観たいな観られるかな

ひさしぶりの映画鑑賞で、はじめて行った109シネマズ二子玉川。いくつかの作品の告知の中に、気になるのを発見。「グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜」。 ケラリーノ・サンドロヴィッチの舞台の映画化。元をたどれば、太宰治の未完の小説。 そういえば、テレビの情報番組で、映画のプロモーションを見た気がする。監督は違う人なんだ。そしてキャストが大泉洋と小池栄子ね。 舞台は2015年にやってるんだ…

続きを読む

連続テレビドラマ「怪奇恋愛作戦」がたまらん

1月10日っつうか9日深夜からはじまった連続テレビドラマ「怪奇恋愛作戦」。近頃ぼくが観劇をサボっていたケラリーノ・サンドロヴィッチの作品。へぇ、連続ドラマははじめてなのか。「時効警察」は毎回作家が違って何話か担当しただけだったんだな。 ぼくのだいすきな麻生久美子をはじめ、緒川たまき、坂井真紀と3人のコメディエンヌを主役に並べつつ脇も盤石なキャスティング、そしてしょうもなさそうな設定に、そこ…

続きを読む

ぼくの頭の中をヘビーローテーションな3曲・2013年2月

先週あたりからなぜかぼくの頭の中をヘビーローテーションしているのがこの3曲。 ケラ&ザ・シンセサイザーズ「ケムリの王様」 心も体も忘れたあのうた ケムリの王様 ユラリユラリ 空から見降ろす 地上の景色よ ケムリの王様 のらりくらりいやー、名曲。脱力の中に、奥深いなにかがしみじみとにじみ出てる。疲れた心と体をリラックス&リフレッシュさせてくれて、前向きすぎない…

続きを読む

「奥様お尻をどうぞ」で抱腹絶倒

下北沢で観劇。ケラリーノ・サンドロヴィッチ作・演出、古田新太座長の「奥様お尻をどうぞ」。 なにそのタイトル、なにそのポスター。まあ、ほぼ悪ノリだよね。本気で悪ノリ。3カ月以上前にチケット買ってて、ようやく。 作・演出: ケラリーノ・サンドロヴィッチ 出演: 古田新太 八嶋智人 犬山イヌコ 大倉孝…

続きを読む

ナイロン100℃「黒い十人の女~version100℃~」

ナイロン100℃「黒い十人の女~version100℃~」を観てきたよ。1961年の市川崑監督の映画の舞台化。だったら映画観てから行こうかと思ったけど、映画観てなくても全然問題ないとケラリーノ・サンドロヴィッチがツイッターで言ってたので、じゃあいいやと映画観ないまま。 会場は青山円形劇場。こどもの城で濃密なおとなのエンターテイメント。 オリジナル脚本: 和田夏…

続きを読む

奥様お尻をどうぞ

ある日届いた圧着ハガキの郵便物。 差出人は、『奥様お尻をどうぞ』 チケット係。 自分で買ったチケットの代金の振込用紙だからすぐにわかったけど、事務的なハガキに淡々と活字で書かれていると、なんてでたらめなタイトルだとあらためてあきれる。そして期待も膨らむ。 そんなでたらめな『奥様お尻をどうぞ』は、ケラリーノ・サンドロヴィッチ作・演出、古田新太座長の舞台。2007年にこのコンビで『…

続きを読む

ケラ&ザ・シンセサイザーズ「Bodies and Songs」でハイテンションに跳ねまくり

ケラ&ザ・シンセサイザーズのライブ「Bodies and Songs」に行ってきたよ。雪の降る中、代官山のUNITってライブハウスで。12月に出た、ぼくもお気に入りのアルバム「Body and Song」の発売記念ライブだそうで。 露崎春女も同じ日にやってたからどっちに行くか迷ったけど、こっちを選択。うん、選んで満足、すごくよかった。 セットリストがケラリーノ・サンドロヴィッチ本人のツイ…

続きを読む

ケラ&ザ・シンセサイザーズ「Body and Song」すごくお気に入り

ケラ&ザ・シンセサイザーズの12月に出たアルバム「Body and Song」を最近よく聴いてる。ぼくのすきなケラリーノ・サンドロヴィッチがいるバンドね。ナイロン100℃の主宰として、いまではすっかり演劇の人だけど、元有頂天のボーカル。このバンドでもボーカルね。ツイッターをよく読んでるけど、ことあるごとに演劇と同じくらい歌をやりたいという発言をしていらっしゃる。 テクノにポップに適度に軽く…

続きを読む

ケラリーノ・サンドロヴィッチ作・演出「黴菌」が秀逸

ぼくのだいすきなケラリーノ・サンドロヴィッチが作・演出の舞台「黴菌」を観たの。「ばいきん」と読むよ。12月の中頃に渋谷のシアターコクーンで。 作・演出: ケラリーノ・サンドロヴィッチ 出演: 北村一輝 仲村トオル ともさかりえ 岡田義徳 犬山イヌコ みのすけ 小松和重 池谷のぶえ 長谷川博己 緒川たまき 山崎一 高橋惠子 生瀬勝久 …

続きを読む

ナイロン100℃「2番目、或いは3番目」を1番前で満喫

下北沢の本多劇場でナイロン100℃の「2番目、或いは3番目」を観劇。ぼくの席は1番前。端のほうでななめだったけど、やったね。 [作・演出] ケラリーノ・サンドロヴィッチ [出演] (ナイロン100℃) 犬山イヌコ みのすけ 三宅弘城 峯村リエ 大倉孝二 松永玲子 村岡希美 藤田秀世 長田奈麻 喜安浩平 白石 遥 伊与顕二 斉木茉奈 (客演) 小出恵介 谷村美月 緒川たまき マギー …

続きを読む

ケラリーノ・サンドロヴィッチと犬山イヌコの「INU-KERA VOL.13」

ひさしぶりに、犬山イヌコとケラリーノ・サンドロヴィッチのトークライブ「INU-KERA Vol.13」に行ってきたよ。4回ぶり5回目。新宿歌舞伎町のトークライブハウス、ロフトプラスワンで、居酒屋メニューを飲み食いしながらトークを聞く。 ひさしぶりでも雰囲気は変わってなくて、なんだか安心。次から次へといろんな話題が飛び出す中、リラックスして2時間ちょい、思いっきり笑えた。 ゲストは…

続きを読む

「2人の夫とわたしの事情」軽妙に珍妙におもしろい

渋谷のシアターコクーンで観劇。「2人の夫とわたしの事情」を見てきたよ。千秋楽の前の日。シス・カンパニープロデュース公演。外国の脚本をケラリーノ・サンドロヴィッチが演出。主演は松たか子。 作:W.サマセット・モーム 演出・上演台本:ケラリーノ・サンドロヴィッチ 翻訳:徐賀世子 出演:松たか子…

続きを読む

ケラリーノ・サンドロヴィッチ作・演出「東京月光魔曲」を見てきたよ

ケラリーノ・サンドロヴィッチが作・演出の舞台「東京月光魔曲」を見てきた。なに人気かわからないけど土日のチケットが取れなかったので、仕事サボって平日午後。 それでも、でかいBunkamuraシアターコクーンの2階席で、遠かったぁ。 作・演出: ケラリーノ・サンドロヴィッチ 出演: 瑛太 松雪泰子 橋本さとし 大倉孝二 犬山イヌコ 大鷹明…

続きを読む

「ケラリーノ・サンドロヴィッチ・ミューヂック・アワー」に陶酔

新宿のライブハウス、ロフトで開催の30DAYS音楽イベント「DRIVE TO 2010」の一環、「ケラリーノ・サンドロヴィッチ・ミューヂック・アワー」に行ってきたよ。たまらなく楽しかった。ぎゅうづめだったけど。翌日腰にきたけど。 ケラリーノ・サンドロヴィッチがプロデュースで、出演は4バンド。オープニングでサエキけんぞうがしゃべりすぎたり、バンド替えで時間かかったり、そしてなにより盛り上がり…

続きを読む

ナイロン100℃「世田谷カフカ」心地よくどっぷり

ナイロン100℃の「世田谷カフカ」を見てきたよ。千秋楽を本多劇場で。INU-KERA Tシャツ着て行っちゃった。 フランツ・カフカの未完成な小説3編「審判」「城」「失踪者」を題材に、笑いあり、不条理あり、ぐいぐい引き込まれるところもあれば、うっかり眠くなるところもあり。いろんな要素を集めて、重ね合わせて、引っぱがして、またつないだような。 やりたいことがたくさんあって、なるべくたくさ…

続きを読む

ケラリーノ・サンドロヴィッチと犬山イヌコの「INU-KERA VOL.9」

犬山イヌコとケラリーノ・サンドロヴィッチのトークライブ「INU-KERA Vol.9」に行ってきたよ。3回連続4回目。毎度おなじみ新宿のロフトプラスワンで、飲み食いしながらトークを聞く。 前回買ったINU-KERA Tシャツを着ていって、うっしっし。つれとペアルック青と黒。思ったより着てる人少なかったな。そして今回買ってる人も少なめ。まあ買う人は前回買っちゃっただろうからね。 隔月のイベ…

続きを読む

ケラリーノ・サンドロヴィッチ「1980」

ふらっとレンタルDVD。ぼくのだいすきなケラリーノ・サンドロヴィッチの初監督作品「1980」を見たよ。 ゆるめにドタバタと、脈絡なくいろんなことがおこる。蒼井優が全編聖子ちゃんカットってのもすごいことだなぁ。そしてともさかりえと犬山イヌコで3姉妹。3人それぞれ困ったり悩んだり。でもなんか、誰視点かが定まらないまま話が流れてしまった感じがあるなぁ。ちりばめられている小ネタは笑えるんだけど、な…

続きを読む

ケラリーノ・サンドロヴィッチ「おいしい殺し方」

ふらっとレンタルDVD。ぼくのだいすきなケラリーノ・サンドロヴィッチが監督した「おいしい殺し方」を見たよ。たしかインターネットとテレビでやったんだよね。2006年。 くだらなくて軽~いサスペンスコメディ。お金かかってない感がたまんない。ちょいちょいちりばめられている小ネタの数々と、奥菜恵、犬山イヌコ、池谷のぶえのあやういバランスが魅力的。ここに奥菜恵をもってくるのがすごいな。天然ボケ気味に…

続きを読む

ケラリーノ・サンドロヴィッチと犬山イヌコの「INU-KERA VOL.8」

ケラリーノ・サンドロヴィッチと犬山イヌコのトークライブ「INU-KERA VOL.8」に行ってきたよ。2回連続3回目。新宿の”トークライブハウス”ロフトプラスワン。居酒屋風メニューを食べながら、飲みながら、くだらないトークを聞く。どっぷり堪能。 植木夏十の前説の後、休憩はさんで2時間ちょっと、忙しくて疲れているという2人のだらだらトーク。でも序盤から結構なテンションだった気がするな。ナイロ…

続きを読む

さいたまゴールドシアター「アンドゥ家の一夜」にうっとり

観劇、観劇。さいたまゴールドシアターの「アンドゥ家の一夜」を見てきたよ。ぼくのだいすきなケラリーノ・サンドロヴィッチが書き下ろして、世界の蜷川幸雄が演出。彩の国さいたま芸術劇場まで車で遠征。 さいたまゴールドシアターは、蜷川幸雄が創設した55歳以上限定の劇団。総勢40人、平均年齢70歳。なんですと。 ケラリーノ・サンドロヴィッチがこの前のトークライブで「蜷川さんを蜷川くんと呼ぶ」「特攻隊…

続きを読む

ケラリーノ・サンドロヴィッチと犬山イヌコの「INU-KERA VOL.7」1周年記念豪華版

ケラリーノ・サンドロヴィッチと犬山イヌコのトークライブ「INU-KERA VOL.7」に行ってきたよ。前々々回に続いて2回目。新宿の”トークライブハウス”ロフトプラスワン。居酒屋風メニューを食べながら、飲みながら、くだらないトークを聞く。このイベントすきだわぁ。 そしてなんと、今回は1周年記念ということで、バンドを従えて1時間くらいライブ。何曲も聴かせてくれた。犬山イヌコの「しゃくなげの花…

続きを読む

ナイロン100℃「神様とその他の変種」不思議に魅力的

最近ぼくがだいすきなケラリーノ・サンドロヴィッチが主宰するナイロン100℃の舞台「神様とその他の変種」を見てきたよ。ケラ&シンセサイザーズの同じタイトルの曲をなんとなく予習して。下北沢の本多劇場。 んー、なんだかよくわかんなかったな。不条理ってほど不条理じゃなく、ナンスンスコメディってほどナンスンスコメディでもない。途中若干眠かったのはぼくの体調がわるかったからかな。でも全体の雰囲気はとて…

続きを読む

「The Very Worst Of 有頂天」が思ったより楽しめた

ぼくは最近ケラリーノ・サンドロヴィッチがだいすき。今度見に行くナイロン100℃の舞台の予習にと買ったケラ&シンセサイザーズのCDのついでに、そういえばと有頂天のベスト盤「The Very Worst Of 有頂天」を買ってみた。シングルコレクション的なやつだね。1991年の解散からずいぶんな時を経て2007年に出たベスト盤。 そうは言っても曲名一覧でぼくがピンと来た曲は「心の旅」だけで、あ…

続きを読む

ケラ&シンセサイザーズ「15 ELEPHANTS」でなんとなく「神様とその他の変種」の予習

今度ナイロン100℃の舞台「神様とその他の変種」を見に行くので、そのタイトルの元ネタになっているケラ&シンセサイザーズの曲を聴こうとCD購入。2007年のアルバム「15 ELEPHANTS」。 このアルバムの最後の15曲目が「神様とその他の変種」。ああ、すきな感じだな、この詩の世界。深いようなそうでもような、いややっぱり深いような。そんな詩を、裏打ちが心地いい速めのビートでちょい軽に叩きつ…

続きを読む

映画「グミ・チョコレート・パイン」が秀逸

映画「グミ・チョコレート・パイン」のDVDを借りてきて見た。大槻ケンヂの自伝風小説が原作で、脚本と監督をケラリーノ・サンドロヴィッチ。 甘酸っぱめな青春モノで、なんだかゆるめのかっこよさというか潔さがあって、秀逸。気に入った。恋愛なところはとっても胸キュン。圧倒的に男目線だけどね。黒川芽以が丸くてかわいいし。 あの時分に、すきな人とすきな映画のマニアックな話をあんな風にできたらすごく…

続きを読む

「罪とか罰とか」2回目見ちゃった

ケラリーノ・サンドロヴィッチが監督した映画「罪とか罰とか」を2回目鑑賞。同じの映画館で2回見るのひさしぶりだなぁ。いわゆる二度見。ちがうか。 1回目で買ったプログラムを熟読してから2回目見ようと思ってたのに、まだ読んでる途中のままふらりと行ってしまった。おや、なんだこれ。ポスターがエヴァンゲリオンみたいなヤツと並んでるぞ。ニルヴァーシュ?知らん。 さすがに2回目だと、特に前半は緩く感じた…

続きを読む

ケラリーノ・サンドロヴィッチと緒川たまきが結婚した!

うわぁ、びっくりした。ケラリーノ・サンドロヴィッチと緒川たまきが結婚したってさ! ケラリーノ・サンドロヴィッチblog 「日々是嫌日」 2009年03月06日「ご報告があるのです。」 ぼくこの2人だいすきなの。ケラリーノ・サンドロヴィッチは、有頂天の頃はうろ覚えで、2006年にナイロン100℃の舞台「ナイス・エイジ」を見て以来お気に入りで、ついこの間も監督3作目の映画「罪とか罰とか」が…

続きを読む

ケラリーノ・サンドロヴィッチ監督の「罪とか罰とか」大絶賛

ケラリーノ・サンドロヴィッチが監督の「罪とか罰とか」を日曜日に見てきた。公開2日目。 したまちコメディ映画祭ではじめてお披露目された予告を見て、その後INU-KERAでも見て、普通の映画館でも何度も予告を見かけたし、最近ではオードリーがナレーションのテレビCMもちょいちょい見かけるね。 うん、断然おもしろい。ぶっ飛んでる。大絶賛。全体的にしょーもなくて、細かいところもしょーもなくて、でも…

続きを読む

ケラリーノ・サンドロヴィッチ&広岡由里子「しとやかな獣」

ケラリーノ・サンドロヴィッチの舞台見てきた。広岡由里子とのユニット、オリガト・プラスティコの4回目の公演、「しとやかな獣」。1962年の映画を舞台化したんだって。このあと新潟と大阪で1日ずつやるらしいけど、東京公演千秋楽。紀伊國屋ホールで。 作:新藤兼人 演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ {%三日月(チカチカ…

続きを読む

「KERA・MAP #005 『あれから』」どろりとしつつすがすがしい余韻

ケラリーノ・サンドロヴィッチの舞台「KERA・MAP #005 『あれから』」を見てきたよ。世田谷パブリックシアター。 余貴美子と高橋ひとみが偶然再会した高校時代の親友で、その周りも含めた群像劇。いかしたキャストたちで、人数多いんだけどうまーくバランス取れてるというかみんなぞれぞれいい。 作・演出: ケラリーノ・サンドロヴィッチ 出演: 余…

続きを読む

最近の記事

過去ログ