「手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから」展 楽しかった

9月6日まで東京都現代美術館でやってた「手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから」展に、わりと会期ぎりぎりに行ってきたの。ゆったりじっくり楽しかったよ。 ──日本が誇る文化のひとつに「マンガ」があります。 なんてフレーズではじまった解説とともに、マンガの神様こと手塚治虫と、マンガの王様こと石ノ森章太郎の2人の足跡を追う展示。 未発表のものや、子供の頃の作品も含めた生原稿たちはステキな迫力…

続きを読む

東京都現代美術館のベトナム風カフェ「CAFE HAI」

東京都現代美術館で「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」をどっぷり3時間見たあと、ゆるゆる遅めの昼ごはん。美術館にはレストランとカフェとパン屋さんがあったかな。その中で「CAFE HAI(カフェ ハイ)」を選択。ベトナム風のカフェだね。 つれと2人でフォーとまぜまぜご飯の2つをわけわけ。 「肉団子のフォー」 ぼくすきなん…

続きを読む

「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」が期待以上に楽しかった

前から気になっていた「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」に行ってきたよ。スタジオジブリや三鷹の森ジブリ美術館が協力して、「巨神兵東京に現る」という短編映画をアニメじゃなくて特撮でつくったというあれ。 会場は東京都現代美術館。そういえば、ぼくが前に行った「借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展」や「スタジオジブリ・レイアウト展」もここだったな。 あんまり事前情報なしで…

続きを読む

「借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展」おもしろかった

「借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展」を見てきたよ。これのチケットもらったからって理由で映画も見て、でもその映画がわりと好感だったのでこいつもわくわく。キャッチコピーの「現実と虚構を融合させる。」から期待大。 と、あれれ、混んでますよ、東京都現代美術館。入場まで70分待ちだって。むぅ。まあしょうがない、ならぶか。子供連れが多いな。お茶飲んだりお菓子食べたりトイレ行ったりしながら、ぽてぽて…

続きを読む

「スタジオジブリ・レイアウト展」がおもしろかった

東京都現代美術館で「スタジオジブリ・レイアウト展」を見てきたよ。 レイアウトっていうのは、アニメーションの製作行程で絵コンテのあとに作られる、作画のもとになるもので、各カットの画面設計図。これをもとに、アニメーターがキャラクターの動きを描いて、美術さんが背景を描くんだって。 背景の上にキャラクターの動きが指示されていたり、パンとかトラックアップとかのカメラワーク的な指示があったり、ときに…

続きを読む