「プリシラ」見た 世界の中心でド派手なオカマ

DVDを見れるようになったのでいろいろ借りて見てます。このまえ見たのはプリシラ。1994年オーストラリアの作品。いいわー、これ。おバカでセンチメンタル。

オカマ一座の3人組が、砂漠のリゾートでショーに出るためにバスで旅に出る。前半は毒舌下ネタふんだんのぐだぐだ珍道中で、見てるぼくはどう楽しんでいいかわからなくなってたんだけど、じわじわといい話になってきて、鮮やかな衣装やアバとかの音楽がすごく楽しい。
なんだろ、気持ちいい。元気になる。

あとなにがよかったって、3人でオカマショーのド派手な衣装着て、トレッキングシューズはいて、岩道のぼりはじめるわけです、キングスキャニオン。んで上までのぼって、ずーんと壮大な景色。いいシーンだった。

キングスキャニオンってエアーズロックの近くだよね。エアーズロックといえば、高校生くらいのときにマンガバロンを読んでから、ぼくがとても行きたいところのひとつになったんですが、世界の中心で愛をさけばれちゃったもんだから、「エアーズロックに行きたい」とか言うと「セカチュー見たからでしょ」とか言われて心外。
しかーし、こんなステキな映画があるなら、「そーじゃねーよ、セカチューなんて見てねえよ、プリシラだよ」って言えるー。いや、だから「バロン」なんだけどね。



【ぼくがすきなものやおもしろいと思ったことをみんなに紹介したくて書いてます。】
音楽 映画 サッカー 食事 お菓子 携帯電話 箱根 バスケットボール


プリシラ [DVD]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • プリシラ(豪・1995) ~エージェント・スミス?

    Excerpt:  そういえば、オーストラリア映画って、<B>いかにもオーストラリアっぽいもの</B>を見たことがありません。  なぜだオーストラリア。  オーストラリアと言ったら、シド.. Weblog: EncycRopIdia racked: 2006-12-01 15:57