「HANA-BI」を見たよ 穏やかに いい余韻

北野武の「アキレスと亀」がヴェネチア国際映画祭に出品されて、2度目のグランプリなるかというところみたいですが、1997年のグランプリ受賞作、HANA-BIをDVD借りてきて見ました。

哀しく、ニヒルに、穏やかに。じわーっと心に響くいい作品でした。
空の青、海の青、あれがキタノブルーってやつですか。そんな映像と、久石譲の音楽と、”挿入画”とクレジットされていた北野武自身の絵画とが絶妙のバランスで演出。セリフは少なめに、穏やかに。いたずらっぽい笑いがアクセント。ふー、いい余韻。

そして穏やかさを引き立てるかのようにバイオレンス。ぼくはどうしてもああいうバイオレンスを手放しで肯定できないんだけど、それがなかったら軽い作品になっちゃうのかもなぁ。でも生と死を見つめるために必ずしもいるものかと言えばそうでもないと思ったり。

でもまあ、そんなバイオレンスも込みでいい作品と思えたんだからいいか。大杉漣寺島進がかっこよかったです。ぼくはこの2人がだいすき。

HANA-BIHANA-BI
ビートたけし, 岸本加世子, 大杉漣, 寺島進, 北野武

by G-Tools
北野映画ベストセレクション joe hisaishi meets kitano films北野映画ベストセレクション joe hisaishi meets kitano films
久石譲 サントラ

by G-Tools

HANA-BI@映画生活
トラックバック・ピープル「映画」
にほんブログ村「北野武監督」


【ぼくがすきなものやおもしろいと思ったことを紹介したくて書いてます。】
例えば: →映画 →音楽 →サッカー →オリンピック →美術館 → →舞台

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 サッカーブログへ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック