「火の鳥・黎明編」を東京国際映画祭で

火の鳥・黎明編東京国際映画祭初日はレッドカーペットならぬグリーンカーペットの日。麻生太郎総理大臣も登場したらしいけど、ぼくは準備中のけやき坂を尻目にシネマート六本木へ移動。「火の鳥・黎明編」を見た。

火の鳥・黎明編市川崑監督の1978年の作品。animecs TIFF 2008部門だけど実写。ちょいちょいアニメまじりは当時としては画期的だったんだろうなぁ。CGなんてないし。
若山富三郎尾美としのり仲代達矢大原麗子由美かおる風吹ジュン林隆三田中健大滝秀治草刈正雄江守徹とものすごいキャスト。尾美としのりがまだ子供。大原麗子きれいだなぁ。

あの「火の鳥」を実写ってどうなのさ、と思ったけど、やっぱ話がおもしろい。ヤマタイ国といろんな国とが争う戦乱の時代で、様々にからみあういろんな人の人生。すごい話の流れにぎゅんぎゅん引き込まれた。

火の鳥・黎明編作画監督の鈴木伸一さんと編集の長田千鶴子さんのティーチ・インで、市川崑監督手塚治虫の話をちょいちょい聞けておもしろかった。

シネマート六本木で138分。なんだ、すかすかじゃん。がんばって前売券買ったのに、当日券でも別によかったな。


トラックバック・ピープル「手塚治虫」 ◆にほんブログ村「手塚治虫」

【ぼくがすきなものやおもしろいと思ったことを紹介したくて書いてます。】
例えば: →映画 →サッカー →音楽 →舞台 →スターバックス →お菓子

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 サッカーブログへ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 「火の鳥」

    Excerpt: 「火の鳥」 アニメと実写の融合   (未ソフト化)  【公開年】1978年  【制作国】日本  【時間】120分  【監督】市川崑 ... Weblog: ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋 racked: 2009-07-02 18:24