サントリーホールでおしゃれな「声優口演ライブ」

声優口演ライブを見てきたよ。なんと、無声映画に生アテレコと生演奏しちゃうの。画期的だわぁ。
サントリーホールクラシック音楽の殿堂サントリーホールでやっちゃうところもステキ。入口の上で開場時間を告げるパイプオルゴールがかわいい。はじめて行ったけど、ホールの中もかっこいいね。

チャールズ・チャップリン「チャップリンの冒険」山寺宏一が、バスター・キートン「探偵学入門」羽佐間道夫戸田恵子が声をあてる。みんななんという芸達者。山寺宏一なんて1人で1本まるまる担当してしゃべりまくってた。
そしてバイオリンとチェロとキーボードの生演奏BGMもステキ。それから効果音も入ってて、これはさすがに生音ではないんだけど、その場で操作してた。

80年とか90年とか前の映画なんだけど、あてるセリフは完全に現代ってところも演出の妙。アドリブチックに楽しんでる感もあって、いいわぁ。すっかり見入っちゃって、昔の映画ってことを忘れさせられちゃう。もちろん映画そのものの秀逸さもあるよね。いいエンターテイメントだなこれ。おしゃれ。

あれだ、プロ野球の珍プレー集のみのもんたや広川太一郎をちょっと思い出した。ちがうか。

半ば前座的に登場した林英哲の太鼓もなかなかいかしてたけど、ちょっと趣旨がぶれちゃったかな。無声映画に太鼓でBGMつける実験的なくだりは、インスピレーション受けた演奏くらいな感じで別物感があったので、もう少し映像にあわせた効果音的な音もまじえてほしかった。

サントリーホール
サントリーホール

トラックバック・ピープル「サイレント映画」 ◆にほんブログ村「声優」

【ぼくがすきなものやおもしろいと思ったことを紹介したくて書いてます。】
例えば: →映画 →サッカー →舞台 →ライブ → →神社仏閣 →散歩

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 サッカーブログへ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック