FC東京×浦和レッズ 粘って引き分け

われらがFC東京のホームゲームをテレビ観戦。NHK-BSでもやってたみたいだけど、TOKYO MXでしょう。解説は渡邉一平だし、ピッチレポートはジョナサンだし。
むふー、激しい攻防で見応えあった。


前半終了間際の渡邉千真のシュートなど、お互いチャンスをものにできないままスコアレスドローも見え隠れ。そんな後半43分にまさかの失点だったんだけど、ここであきらめないのが最近の東京東京サポーター。3分後のロスタイムにコーナーキックから俺たちの森重が起死回生のヘッドで同点! GKが一歩も動けず、気持ち良くゴールネットが揺れて、ぼくも家の中で立ち上がって喜んだ。森重はよくこういう仕事やってくれるよねぇ。

前節の鳥栖戦もそうだったけど、引いて守る相手にも前ほど閉塞感なく、粘り強くやれるようになったね。今回はまさに粘りの引き分け。鳥栖戦みたいに逆転まで持っていけなかったのは残念だけど望みすぎか。悪くない引き分け。

しかしやっぱりチャン・ヒョンスのサイドバックがいまひとつ。効果的な攻撃参加もなく、終盤はバテてた。そして徳永をサイドバックにした途端に右サイド活性化して結果的には得点まで。やっぱ徳永をサイドバックで使いたいよね。
最後の数分だけど、加賀をケガから復帰して即投入したのは、次の30日水曜日、広州恒大戦に使うつもりなんだと思いたい。そう、Jリーグは中断入るけど、中3日でアウェイのACL1回戦が待ってるのだ。なんとしても勝ってほしい。

夜10時半くらいに浜田山の西友に買い物に行ったら、2人連れの赤い人たちを目撃したよ。

RibbonMagnetサッカーシリーズ/FC東京モデルRibbonMagnetサッカーシリーズ/FC東京モデル

by G-Tools
FC東京サポーターズ・ソングFC東京サポーターズ・ソング
B.クレウ 東京ファンの人達

by G-Tools

トラックバック・ピープル「JリーグとかトラバっQ」
にほんブログ村「Jリーグ、J1」


【ぼくがすきなものやおもしろいと思ったことを紹介したくて書いてます。】
例えば: →FC東京 →温泉 →長崎 →水族館 →電車 →まつり →杉並区

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 サッカーブログへ

この記事へのコメント

ターコ
2012年05月28日 00:15
引き分けだったね~。試合終わって、何人かピッチに倒れこんでたね。実はバレーボール女子を見てて、ほとんど見てないんだけど(^_^;A、かなり激しかったみたいね。
そうか、そちらはACLもあるのね。ハードですね~。
なにそんな遅い時間に赤い人がスーパーにいたのね。ということは、東京のレッズサポかな。
ターコ
2012年05月28日 00:17
そう、FC東京の監督、ランコ・ポポヴィッチっていうのね。レッズの選手に、ランコ選手も、ポポ選手もいるから、何だか合体したような不思議な名前だなぁと思ってしまった(^o^;)あはは
2012年05月31日 00:52
うん、激しかった。すごかった。
そう、うちの監督の愛称がポポだから、レッズのポポの名前が呼ばれるたびに変な感じだった。ランコ?そんな選手知らんですよ。

この記事へのトラックバック

  • FC東京vs浦和レッズ(J1第13節) △1-1△ 2試合連続の大逆転ならずドロー 

    Excerpt: 代表3連戦によるリーグ中断前のラストゲーム、第13節の浦和レッズ戦は白熱した一戦となりましたが、1-1のドローながら中身の濃い試合を見せてくれました。 Weblog: マチルダベイビー! racked: 2012-05-28 00:41
  • 2012年のサッカー観戦を振り返り

    Excerpt: 俺たちのFC東京の2012年シーズンは、12月1日で早々に終了。天皇杯は9月に初戦で負けちゃったからね。 チームは12日まで練習してたみたいで、そこでほんとにシーズンオフ。元旦まで天皇杯→Jリーグ開.. Weblog: 【ぼくんち杉並区】 racked: 2012-12-17 23:06