「いのうえ歌舞伎・壊<Punk>『蜉蝣峠』」おもしろかった

春のうららの舞台鑑賞。赤坂ACTシアターいのうえ歌舞伎・壊<Punk>『蜉蝣峠』劇団☆新感線だよ。2階席の前めだったけどちょっと遠かったかな。役者の表情までは見えず。
作: 宮藤官九郎
演出: いのうえひでのり
出演: 古田新太 堤真一 高岡早紀 勝地涼 木村了 梶原善 粟根まこと 高田聖子 橋本じゅん 他

『蜉蝣峠』

あー、いい。おもしろい。人数多めの派手な殺陣とか、本気で歌うくだらない歌詞や振り付けの歌とか、しょーもない小ネタとか。あほなことやりつついつのまにかシリアスってぼくのすきなパターン。古田新太堤真一がおもしろくてかっこいい。
休憩はさんで2時間半の長丁場で途中若干眠くなりかけたものの、ストーリーはしっかりしてて、笑いどころもふんだんに。再三のお呼び出しに応えてくれてカーテンコール4回。

宮藤官九郎で時代劇ってこともあって「真夜中の弥次さん喜多さん」をちょっと思い出した。宮藤官九郎の作品って最後収拾つかなくなっちゃう印象があったんだけど、ちゃんとまとまっててよかった。演出がいいのかな。

太鼓叩きながら歌ってるスキンヘッドの人がかっこよかったので誰だろうと見てみたら、巨乳まんだら王国教祖イコマノリユキだった。テレビで見たことあるある。


トラックバック・ピープル「新感線」
にほんブログ村「観劇で感激してもしなくても」


【ぼくがすきなものやおもしろいと思ったことを紹介したくて書いてます。】
例えば: →映画 →音楽 →舞台 →散歩 →サッカー →ラーメン →日光

にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 サッカーブログへ

"「いのうえ歌舞伎・壊<Punk>『蜉蝣峠』」おもしろかった"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

最近の記事

過去ログ