テーマ:北野武

「アキレスと亀」心地よい深み

北野武監督「アキレスと亀」を見たよ。なんとなく3部作な「TAKESHIS'」と「監督ばんざい」とを予習的に見て、1日映画1000円の日に。ぼくのだいすきな麻生久美子も出演。 これいいわ。すごくいい。心地よい深み。 自分の信じる芸術を邁進してるんだけど、みんなにわかってもらえなくて、不幸な生い立ちもあって、身近な人の死にことごとく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「監督・ばんざい!」がよくわからんね

北野武が監督の「アキレスと亀」を見る前に見ておこうと思っていたうちの1つ、「監督・ばんざい!」を見てみた。このまえの「TAKESHIS'」にも増して、不条理。わけがわからん。まあ、ナンセンスコントなのかな。 前半、いろんな映画へのアンチテーゼなのか、オムニバス的にいろんな映画をずらずら並べて、どれもこれもことごとくできが悪い、とい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「TAKESHIS'」の不条理な雰囲気を楽しむ

北野武が監督の「アキレスと亀」を見る前に見ておこうと思っていたうちの1つ、「TAKESHIS'」を見てみた。うおーん、不条理。 北野武がやりたいことそのままやって、撮ってつないで、楽しんでる感じ。北野武の頭の中を覗き込んだような。映画というより現代アートね。 「ラーメン屋の頑固おやじがゾマホンだったらおもしろいなぁ」ではじまった…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「HANA-BI」を見たよ 穏やかに いい余韻

北野武の「アキレスと亀」がヴェネチア国際映画祭に出品されて、2度目のグランプリなるかというところみたいですが、1997年のグランプリ受賞作、「HANA-BI」をDVD借りてきて見ました。 哀しく、ニヒルに、穏やかに。じわーっと心に響くいい作品でした。 空の青、海の青、あれがキタノブルーってやつですか。そんな映像と、久石譲の音楽と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「座頭市」あらためてかっこいい

2003年のぼくのベスト映画のひとつ、「座頭市」が先日テレビでやってました。やってるの知らなかったんで途中から見たんですが、あらためておもしろかったです。ストーリーもさることながら、音楽とか踊りとかがステキ。笑いもステキ。 やっぱりラストのタップダンス祭りはかっこいい。去年映画見た直後にサントラ買って何度も聴いたんですが、映像見る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more