家族間無料通話のために奥さんにソフトバンクの001SH購入(2台持ち)

そういえば、ぼくの携帯電話がソフトバンクで、奥さんの携帯電話がNTTドコモ。家族割引にするにはどちらかに寄せないといけないんだけど、2人とも買い換えるつもりがまったくないままだった。 でもこのままだと通話料がもったいないことにようやく気が付いたので、奥さんにソフトバンクの携帯電話を持ってもらうことにした。2台持ち。ちょっと前に使い始めた楽天でんわでちょっとは節約になってはいるけど、家族間無料通…

続きを読む

演劇集団キャラメルボックス「エンジェル・イヤーズ・ストーリー」相変わらず真面目に安心安定

演劇集団キャラメルボックスの「エンジェル・イヤーズ・ストーリー」を見てきたよ。池袋のサンシャイン劇場。 相変わらず真面目に正統派に優等生に完成度高く、流れるようなストーリー展開。端的に言えば家族の絆の話で、最後はほんわか。 しょうもない小ネタやしょうもないアドリブも含めて、よくできた淀みない流れ。そしていつのまにか話に引き込まれていく。良くも悪くも、安心、安定。 そうやって本編が計…

続きを読む

東京国際映画祭・「青い館」が秀作

第22回東京国際映画祭。アジアの風部門の「青い館」を見てきたよ。シンガポールの作品。 起承転結がとてもうまくて、なかなかの秀作。こういう作品に出会えるのが、この映画祭の醍醐味だよなぁ。 大物実業家のおじさんがある日目覚めると自分の葬式だった。その直前に、そろそろ引退するぞと息子2人に後継ぎについての伝達をしていて、その内容は2人ともに納得のいかないものだった。そんな状況で、過去も含め…

続きを読む

「誰も守ってくれない」病んだ世の中を浮き彫りに

映画「誰も守ってくれない」を見てきたよ。予告とかで断然見たくて、前フリの2時間ドラマもばっちり見て、テレビドラマの翌日、公開2日目に勢いで。さすがに混んでて、30分前に行ったのに前2列しかあいてなかった。 で、やや薄かったテレビドラマとは打って変わって、ぐさっと重くて考えさせられる内容。こういうの社会派っていうのかな。重いんだけど重すぎない演出で社会派エンターテイメント。 殺人事件の容疑…

続きを読む

「あの空をおぼえてる」がドストレートすぎた

週末にのんびり映画。「あの空をおぼえてる」を見てきたよ。 うーん、ドストレートすぎた。切なくて、辛くて、悲しくて、劇場内のみなさん圧倒的にすすり泣いてたんだけど、なんだろう、お涙ちょうだいすぎてぼくにはどうもいまいち。決して駄作ではないんだけど。 小学生の兄妹が交通事故に遭って、お兄ちゃんは奇跡的に命をとりとめて、妹は死んでしまう。それをお兄ちゃんと両親が乗り越えていくお話。弱虫だったお…

続きを読む

「さよなら。いつかわかること」最後の演出がすばらしい

ゴールデンウィーク東京ドライブの一環で、映画「さよなら。いつかわかること」を見たよ。予告を見て気になって。なんか穏やかなのが見たかったしね。 この邦題はなかなかいいかも。原題は「GRACE IS GONE」。 奥さんの戦死してしまい、でも娘2人にそれを伝えられない父親の苦悩、困惑、葛藤。伝えなければと思いつつ、言い出せない。自分自身が妻の死を受け容れられないというのもあるだろうし、もとも…

続きを読む

ちょろっと帰省して名古屋みやげ

このまえぼくの誕生日だったんですが、その3日前がおかんの60歳の誕生日だったので、ふるさと名古屋に1泊2日で帰省して家族みんなでごはんを食べました。還暦、還暦。ぼくのばあちゃんからねえちゃんとこの甥っ子まで、4世代で。 おかんにお花なんてはじめて買ったな。真ん中ガーベラ?まわりカーネーション?自信ないや。還暦だから赤いのにしてみました。ついでに、4月から幼稚園に通うようになった甥っ子にはア…

続きを読む

「イカとクジラ」見た なかなか興味深い

先週、「イカとクジラ」を見た。新宿武蔵野館。派手さはなく淡々としながらも、飽きのこないリアルな人間描写。なかなか興味深い映画だった。 作家同士のだらしない夫婦が離婚。思春期な2人の子供は日替わりでそれぞれの家に帰る、共同監護に。猫はどうするのさ、にはじまって、随所にシニカルなにやり笑いをちりばめながら、ゆったりと家族4人を描く。 文学やら映画やら音楽やら、インテリな話題に彩られた雰囲…

続きを読む

「リトル・ミス・サンシャイン」を見たよ←東京国際映画祭

第19回東京国際映画祭8日目。コンペティション部門の「リトル・ミス・サンシャイン」を見ました。Bunkamuraオーチャードホールで。はじめて行ったけどここでかいね。そして2階3階まで満席。 いいわ、これ。おもしろい。 考え方も気持ちもばらばらな家族が、9歳の娘をミスコンテストに出場させるためにおんぼろバスで旅に出ます。ドタバタコミカルにいろんな事件が起こりつつ、家族の絆を取り戻していき…

続きを読む

おぢさんから甥っ子へのプレゼント

3連休に名古屋に帰省してきたわけですが、フライングで「愛・地球博」を見に行ったわけではなく、ねえちゃんがこどもをうんだので見に行ったのです。ぼくはおぢさんになりました。 いやー、生後1週間の新生児。ちっちゃいねえ、かわいいねえ。寝るかぐずるかしかしてないのにね。 よおし、そんなかわいい甥っ子におぢさんがなんか買ってやる。いろいろ聞いていたところによると、子守帯って言うの?おんぶひも?だっ…

続きを読む

最近の記事

過去ログ